« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月 アーカイブ

2007年5月 2日

コロラド

ゴールデンウィークも後半となってしまいましたが、マーファンの皆様におかれましては
バリバリエンジョイしておられますでしょうか。来たる夏に備え、ダイエットと節約に
励んでいますか?(いいえ。あっ・・・はい、勿論!)

vanpeiyuicon.jpg

所で、私はドトールやスターバックスやその他コーヒーチェーンよりも
ディープな喫茶店ぽい所が好きなのですが(カフェなんてお洒落じゃない所に限る)、
近所にあり良く利用するのがコロラドです。コロラドは大昔からある(初めてその存在を
認識したのが小学生の時)チェーン店なのでご存じの方も多いでしょう。

ディープな喫茶店(コロラドはあまりディープじゃないな)というと、どこだろう?
ちょっと前までは滝沢なんて独特な喫茶店がありましたが、
時代にそぐわないという事で全て閉店してしまいました。
閉店理由のひとつが、滝沢の従業員としてふさわしい人材を確保
出来なくなってしまった、という、何とも切なく、そしてもっとも(文字通り)
時代性を反映しているものでありました。納得。

最近では、友に連れられて行ったかっぱ橋珈琲店はなかなか居心地が良かったです。

でも、基本的に喫茶店はひとりで行って、ひとりで長時間ナゴム場所だよね。

vanpeiyuicon.jpg

私の場合は長時間ボケッとしながらも、やっぱりネタを考えている事が多い。
これは長年培ってきた習性なのでどうしようもない。サイトに関係する事柄もあるし、
そうでないネタもある。ネタはネタ同士で拡張し、粘菌のようにぐにゃぐにゃ変態して
完全体になる。なにかものをこしらえるのが好きな人は、きっとこの感覚を知っている。

後は、死ぬほど深く音楽を聴いている。

vanpeiyuicon.jpg

今は最優先で例のあれをなんとかかんとかしているのだが、訳詞に手を出してしまって
後悔している。これに比べたら、ジョニーの怪文(死語含む)を訳すのなんか500万倍も
容易いよ・・・。

作業的な行程は自宅よりも喫茶店の方が断然捗ります。これは定説なのだ。

vanpeiyuicon.jpg

迷惑トラックバックと迷惑コメント(宣伝)が異常に多く、神経をイラつかせるので
欄をなくしました。どっちにしても、コメントもトラックバックもなんとなくマキヲ随想には
似つかわしくない感じ(いや、あったら嬉しいのは嬉しいですけど)なので
どっちでもよいです。どうしても、な、意見はフォームから下さい。


・・・パーマリンクてのも無くしたいな。これ↓、どうすりゃいいの?

2007年5月 3日

胃が痛い・・・

ニューズページでもご紹介しておりますが、ニューズをスキップしがちな貴兄の為に、
そして今一度熟読されたい先生方の為に。

ボストングローブのレビュー(酷い)

ボストンヘラルドのレビュー(ちょっとマシ)

嗚呼・・・・・胃が痛いよう・・・胸が痛いよう・・・

なにがイタイって、ライブレビューは殆どボロクソなのに、両レビューに共通しているのが
ジョニーとアイザックだけはラブラブOK!!みたいな感じが、こちとら見てられない予感。

彼らふたりが幸福の絶頂なのだけは、よく解りました。

(エリックは何故居なくなっちゃったの?どこへ行っちゃったの?)

e-mailチャット

ボストン・グラブサイトを漁っていたら、妙ちきりん且つ不躾極まりない
ズックインタビューを発見した。あっという間に訳せたのでページをこしらえました。

ジョニー・マー・スーパーダークブルー

e-mailチャットでインタビューか。今はそんな方法があるんだなあ。
確かに、パソ作業をしている時にたまたまメールが来て、そのまま即レスの応酬に
なったりする事もあるが。

他にも2-3のモデストマー記事があった。

モデストマウスサイドの記事については殆どのそれが、(ファンのみならず)記事を
書く人間もよくジョニーを知らないらしく、なんともその文章の端々に違和感を覚える。
よく解らないのなら事実のみを淡々と述べればいいものを、ジャーナリストなんていう
糞野郎どもは全く必要も無い煽り注釈や枕詞を過剰に付与したがる。

ブリットポップの総大将みたいに書かれるのはまあ仕様がない。
多様な音楽性をひとつに大きくカテゴライズして理解しやすくするのも至極当然だろう。
43歳のおっさんを引っ張ってくる物好きアイザック的な書き方も我慢しよう。

だが、セミ・リタイア呼ばわりは聞き捨てならんぞ。

かく申す私も半ニートだのとよく表現するが、これは殆ど洒落のつもりであって
彼の状況をほんの少しでも知るものであれば、セミ・リタイアなどという言葉が
いかに的外れか解るだろう。

確かに彼はいまだに悩める音楽家である。大いに悩めるギター・プレイヤーだ。
しかし、殆ど音沙汰無しの間だとて関連音源のリリースが途絶えた事など
無いに等しいのだ。周囲やファンの望むと望まざるに関わらず、彼は決して歩みを
止める事はない。例えそれが牛歩の緩慢さであっても。
(多分彼は、歩みを止める事すらも不安でたまらないのだ)

isaac2.jpg

・・・などと、一人ごちてみても致し方なし。
今度はどんな事を書かれるのだろう。
モデスト側の記事、これからも楽しみにしています(なにせ私はマゾなファンだから)。

フェンダー~ジャグァア~ー

よう○べで26-29日のモデストマウスギグを見まくってみた。

それほど酷いようにも思えなく、むしろサマソニへの期待が高まりました。
特に下記にあまり好きではない、と書いたPaper Thin Wallsが、ジョニー効果で
どえらくタイトでかっこいい曲になっていてたまげました。

Fly Trapped In A Jarなどは、ジョニーの一人舞台と云っていい。
怖い。怖いくらいにジョニーのギターは冴えている。

思いあまってアイザックに駆け寄っちゃう気持ちもよおく解った。
(ここが僕の居るべき場所!なんて、こちらが気恥ずかしくなるような臭いセリフは
今時ジョニーしか吐けんよね)

へぼへぼコーラスも大笑い(選曲はMissed The Boatがお薦めです)なので
興味のある先生や小姐は、よ○つべでいろいろ漁ってみるのもよいでしょう。
ほぼ全曲お客さんも歌っているね。

そして更に、5/1のレターマンショウも既にアップされています。
Modest Mouse on David Letterman Live で、サーチしてみて下さい。
映像と音声のズレが多少気になりますが、いやはやダブルドラムのビジュアルは凄い。
太鼓の数は合計15個くらいか?!銅鑼とハイハット、あとフロアタムも共有?!
もしやアイザックの被っている帽子はエリックのものかな?彼には早く帰ってきて欲しい。
・・・あら?ひとり凄くキュートなホビットが居るな?と思ったらジョニーでした。
なんという愛らしく儚げで頼りないぷるぷる震えたチワワ的小動物のような
佇まいであろうか。(23回くらい見ました)

iconjm1.jpg そんなこんなも含め。

しかし、見れば見るほど強くなっていく払拭出来ぬある思いがあり、胸が異常に
苦しくなるのもまた事実である。ジョニーのギターがここで生き生きすれば
するほど、その、ある思いが確信に変わっていく。

だが、パブリックの場でそれを記す事は断じて出来ない。誠に申し訳ない。


(異常な随想更新頻度も申し訳ありません。)

2007年5月 4日

実際クラシックな奴

急いで帰宅したが、ルパン音頭しか聴けなかった・・・

初期のルパンは名作だよね。

zak.jpg 時効警察を見ながら

まいった。もう休みが2日しかない・・・
モデストマウス拡張ページ完成予定日は5月31日に延長する。
無理のない計画だ。日本盤発売寸前、てのもいい。

zak.jpg お知らせ

Akihitoくんからのお知らせです。
(どうも有難う御座います)

1.ロキニョンにモデストマウス(勿論ジョニー込み)のお写真が掲載されているそうです。
ご覧になりたい方々は立ち読みしてきてください。もりおみたいなカーディガンを着て
お上品な様子で美少年風にちんまり写っているアイザックがベリー・レア。
エクストリームリー・レア。ジョニーはスカしています。顔が・・・アル・パチーノ・・・
さようならエンシェント・モデストマウス、こんにちはブランニュー・モデストマウス。

2.XFMフッキー電話インタビュー(ベーストリオには全く興味無かったが、ファレルとの
プロジェクトは面白そうだ)、エレクトロニックやるから休暇取るよ~、というアホの子
みたいなサムナーたんの嘘が厭らしいですね。

・・・今は無理だけど、NOが本当に解散したのならまだエレ4が出る可能性は
完全に潰えたわけじゃあないな・・・だってモデストマウスのこのアルバムのツアーが
終わったら(秋以降)、ジョニーはどうなるか解らない。
勿論モデストマウスでも大変嬉しいのですが、私個人の飽くまでも第一希望は
ヒーラーズ再開、第二希望は永遠に、永遠にエレクトロニクだもの・・・

zak.jpg 追加でNMEの記事

しかし、コレに関してジョニーの(ふざけた)声明が欲しい(笑)。

2007年5月 5日

犬山犬子

ゆうべの時効警察はいつもより増して面白かったですね。
ケラとか犬山とか、どの層をターゲットにしているんだろう(笑)。
ナゴム世代なのか?セクシーボイス&ロボといいい、つくづく自分は
サブカルヲタで良かったなあ、と思う。

そういえば、犬山犬子ってマキバオーやってたよなー。

isaac2.jpg 新リライトインタビュー

アップしました。ロキニョン2000年10月号です。

なんというか、意気込んで揚げ足取りにやっきになった結果、訊きたいことは
何も彼から導き出せてない、という感じですね。普通なら無心で機械的に作業できる
インタビューリライトは、結構な気分転換になったりするのですが、これは物凄く不愉快に
なりました。スミス後のセッション仕事がリハビリだなんて・・・
どうしたらそんな下品な発想に行き着くんだろう・・・。
ヒーラーズでのフロントマンデビューの事にしても、”今の僕がやりたいのは2分半燃えて
気持ちよくなる為のロックンロールだ”というジョニーの発言に対して、

(以下引用)
”まるで金持ち有名ミュージシャンのお遊びみたいなニュアンスの発言を
しているのを読みました。こういう発言ってあなたのこれまでの音楽的業績を追ってきた
熱心な支持派にとってはかなり悲しくなってくる言葉だと思うんです”。

だとよ・・・。もうね・・・・。

どうしたらこれだけ飛躍してジョニーの言葉を誤読できるんだろうか。
その後に続くジョニーの説明は、このインタビューアー以外のファンなら誰でも容易に
理解できるはずなのに。

さすが、稚拙さと下品さもさることながら・・・なんだか、こう・・・斜め上を行ってますな。
ジョニーのファンじゃないなら、面白いインタビューだと思います。

読みどころは全部書いてしまったので、もう読まなくてもよいです。

vanpeiyuicon.jpg ニューズ

オフィシャルにどうでもいいような(500万回目くらい)記事があがっています。
・・・・正直、もうこのようなネタはお腹いっぱいです。
(SFAがSlow Lifeのネタばらしされててちょっと笑いましたが)

2007年5月 6日

ポルテ (昔好きだったおやつ)

織田裕二・・・なぜにこんなにいつまでも若いやら。

jmibline1.jpg モデストマウスオンラインギグ情報

現地時間水曜日午後9時にXPANというラヂオ局で放送があるようです。
5月3日フィラデルフィアでのギグがまるごと放送されるようですが、特別なアプリが
必要っぽい。日本時間(5/10)だと木曜のヒルか・・・・おいおい。
平日がお休みの方、如何?

段々セットリストもバラエティーに富んできています。
セットを変えろ、と苦情が出てるはずだからなー。
ジョニーが大丈夫になってきた曲を披露し始めているのだとも思う。

I Came As A Rat (静かなアグレッションが胸を打つ涙とペソスあふるる名曲)
Breakthrough (猛々しい中に美しいメロネス在中)
Life Like Weeds (ジョニーギター効果期待大)
Dramamine (モラトリアム・エクスプロージョン)

このあたりも、サマソニ観覧ご予定の皆様には、充分予習されまして、
一緒に歌えるようになりますと、より一層のエキサイトメントを得られると思われます。
(凄まじいほどの要らぬお世話ぶり)

jmibline1.jpg 長かったはずのゴールデンな日々も唐突に終わりを告げる。

短かった。

やることがありすぎて、終いにはどれも完成に至ってはおらず。
しかし、欲しかったものをひとつ、得た。19年前にジャンプ連載時に読み、物凄く好きで
忘れられなかった漫画だ。長らく廃版になっており、2005年に復刊していた事を
知らずにいた。それは岸大武郎著”恐竜大紀行”であるが、19年ぶりに読み、涙が
止まらなかった。生命と手触りを感じる画、シンプルで印象深いことば、
一話完結という難しいフォーマットでありながら、完璧なストーリー構成。
”恐竜、スゲーー~!!かっこいい!!こんなのが昔マジで居たんだー!”という
当時(学生だが充分オトナ年齢)の感想とはまた違う感慨がある。

いのちってうつくしい。

こういう漫画がいっこ描けたらもう死んでもいいな。

2007年5月12日

エコエコアザラシ

帰宅してすぐに”エコエコアザラシ”わろた・・・(時効警察)

iconjm2.jpg たこ殴りに

こんばんは皆様。今日も誰かを思うさまボコボコにのしましたか?
ようやく週末が来ました。

私は、お好み焼きよりももんじゃ焼きが好きです。

みたいな、”リアクションに困る”という情報。

バーナード・サムナーは元ザ・スミスのジョニー・マーとプロジェクトをスタートした

らしい。いや、ソースはXFMかNMEのアレだと思うから、この記事はおかしい。

”バーナード・サムナーは元ザ・スミスのジョニー・マーとプロジェクトをスタートした”。

訳者が何故こんな風に誤読するのか謎である。

当たり前だが、殆どのファンは優れたメディア・リテラシーなんぞ持ち合わせていない。
日本語に訳された記事を、わざわざソースを読み直すファンも一握りだろう。
提示された情報は全部信じ込んでしまうぞ。怖いなあ。

正直云うと、ニュー・オーダーが”解散”の文字をひけらかそうと何をしようと
私にはさほど重大な事件ではない。何故なら(略

iconjm2.jpg エレクトロニクはいつでもできます。

が、今、ジョニーには兎に角元気でモデストマウスツアーを完走し切って欲しい。
今彼がやるべき事はそれだけだ。そのこと以外に何も考えなくてよろしいと思う。

その後の”約束”なんぞ彼には必要ないのだと思う。

にんにく臭

にんにく臭がする女子を特に気にしない、という方はいらっしゃいますか?

さあ近う寄りなされ。

isaac3.jpg サマーソニックステージ分け発表

モデストマウスは、ソニックステージのトリ前。(トリはトラヴィス)
モデストの前はダイナソーJr.。その前はインターポールです。
ダイナソーの前あたりならその日のうちの移動もイケたかも知れないが、
トリ前か・・・・弱ったな。

isaac3.jpg エリックさん失踪の謎 (ニューズコーナー参照)

本当に病欠なのか、なんとも謎めいています。パブリシスト曰く、”He Is Fine”だそう
ですが・・・病欠や調子が悪いならファインじゃないはずですよね。この、バンドが一番
忙しい時期に(病ではなく)離脱だなんて状況もかなり奇妙な事に思えます。
彼の演奏が好きなので、早く復帰してサマソニに来て欲しいのですが。

isaac3.jpg 本日のギグの

後、ロークのDJイベントのある店にジョニー(やアイザックら)は訪れるかな?
ロークは彼の疲労度による、という感じのくちぶりですが。

・・・・・・疲労していないはずないじゃない・・・・・・

でもロークのインタビューは和むね。人柄が出てるね。
DJ嫌いの私が好もしく思えた彼のDJ、その理由がよくわかるインタビューでした。
(ニューズページのリンクから是非ともご一読下さい)

2007年5月14日

パラサウロロフス

掃除機のノズルのところがパラサウロロフスの頭部分に見えました。

ハロー、みんな!今日も重戦車のように猛進しぶちあたって玉砕しましたか?
隣人のドアに向かって奇声を発し、いたずらに脅かしましたか?
(やりすぎると通報されますので控えめにしましょう)

vanpeiyuicon.jpg モデスト迫る

あともう3ヶ月足らずでモデストマウス(Withジョニー)がやってきてしまいます。
アルバムWWDBTSESの曲は完璧に歌えるようになりましたか?
某Mさんのように、小さすぎる歌詞カードの文字を大きく打ち直していますか?
(出来る限りの手は尽くしましょう)

私は、と申しますと、ノーマル歌詞のノーマルボーカルラインはパーフェクト(キ○ガイな
までの聴き込みが功を奏しています)なので、サイドボーカルラインをマスターしている
途中なのです。例えば、”Florida”の1分17分ほどの所の、”ふぃあ~~っああっは!!”
というかけ声、”We've Got Everything”の終盤、”えう゛ぃわあ~ああな~チョッホッ!”
や、”Fly Trapped In A Jar”の、屁の音のような3分45分の後の”わんほぇっわんほぇっ
~~ダゥっ!”までなど、結構タイミングが難しいんですよね。

前作からの”The View”は何と云っても”ブラーブラーブラーブラーブラァ!!”を
一際張り切った声で絶叫せねばならないのでかなり喉がキツイです。

更に、その間エアギターも弾かないといけませんし、エアラッパも吹かねばなりません
ので、きっと私はギグ終了後には満身創痍であろう事請け合い。

不気味な掛け声や合いの手が聞こえてきたら、(ああ、マキヲさん頑張っているな)と、
心の中で労をねぎらって頂けると幸いです。

vanpeiyuicon.jpg 待ち焦がれてるこの日々が

最高に幸せ。このまま8月なんか来なければいいのに。

2007年5月15日

The Sun Ain't Gonna Shine Any More

kissmick.jpg 可哀想な私のモデストートバッグ

モデストマウスエコトートバッグ(カンバス生地)を洗濯機で洗ったら、
激しく縮んでしまいました。その、三分の一くらいの大きさに、たまげて悲鳴を
あげそうになりました。”ヒィッ!!”一か八かでアイロンをかけたのですがこれぽちも
伸びず、ボロボロのズタズタのまま・・・・・半ベソでバルーンの模様部分にアイロンを
あてたところ、青インクが飛散して余計悲惨(だじゃれ)な事になり、たいそう気持ちが
落ち込みました。使い勝手がよく、とても気に入っていたので再度購入しようと
思っています・・・。

kissmick.jpg

スコット・ウォーカーのドキュメンタリー映画、”30 Century Man”が
先月イギリスで封切られました。日本公開は未定なんですが、
それにどうもジョニーのコメント(インタビュー)が指し挟まっているようなのです。
トレイラーを観ると、”(スコットは)他のポップスタアに期待されるなにかとは全く別の
キャラ”みたいな事を述べています。(確かに・・・)本編はもっと長いのかも知れませんね。
他にはボウイにイーノ、ジャービス・コッカーやレディオヘッド、リチャード・ハーレイ
などなど錚々たるメンバーがコメンテーターとして出演しているようです。

こないだのロドニー・ビンゲンヘイマーのドキュメンタリー、”The Mayer Of The
Sunset Strip”の時みたいに、いやはや、ジョニーって知らぬ間に色々な所で
コメントしまくってて面白いですね。(人を褒めさせたら世界一だね)

2007年5月16日

Johnny Marr Ruined Modest Mouse

と、全面に書かれているテーシャッツがe-bayで売られているのを観て笑った。
ジョニーにモデストマウスをRuinするような破壊力は無いわ(笑)。
彼を買いかぶり過ぎているな。

今日はKing Ratの7インチが届いた。

kingrat150.jpg

ジャケが可愛いのだ。謎の動物をアップにするとこうである。

kingratman.jpg アイザックにちと似てる。愛くるしい。

この7インチにはKing RatとFire It Upが収録されている。
私は著作権名(?)をチェックするのがとても好きなんであるが、
ひときわ可笑しい”PARTY PANTS MUSIC(BMI)”って誰だろう(笑)。
(ジョニーは”MARR SONGS LTD(BMI)”。まったくつまらない)

kingratman.jpg  12-14日のセット

”Custom Concern”と”Satin In A Coffin”、そして”Styrofoam Boots /
It's All NiceOn Ice, Alright”(だだだ大好きな曲です!)が追加になっていました。
カスタム・コンサーンは久々の演奏のようです。私も大好きな曲なので
是非聴きたいと思うのですが、それを入れることで何かが削られるわけ
だから困ったものです。(個人的にブラック・キャデラックがあまり好きでないので
これを削るのが好もしい)

それよりも”Invisible”をWWDBTSESツアー初期にしか演奏していないのが
寂しいばかりです。私が一等先にメインボーカルラインとサブボーカルラインを
マスターしたのが他でもないこの曲です。1分28秒くらいからが圧巻で、
”ほにゃしゃらとんフーレっ!はっハハットゥーパーしゃらきちゃーうぇ~
なっイビジぼーのおーにゃろ(泣きそうに)のっ!まーらはぅみにイヨひみらホ、なっ!
インビジボーホウゥ~うあんぎゃっ!!”

という具合に、私のスペッシャルな見せ場でもあるのに・・・・・・・・

まあ語尾にウゥーアッ!!などとつけると大抵OKなんですけどね。

しかしWWDBTSESを熟聴していないとまるで理解不能な(ただの頭のアレな人の
書いたような)内容ですね。今後の事もありますので、是非とも熟聴していだたきますよう、
重ねてお願い申し上げます。

2007年5月18日

むすこ

むすこ、いいなあ、欲しい。

kingratman.jpg むすこ

いいなあ、欲しいなあ(しつこい)。
ご存じジョニーの愛息ナイル君(15歳)ですが、バンド名義(Kid4077)でも一応ソロとして
出演なのかな?(ニューズページ参照)
オールエイジズって事で、ノーアルコールですがポテチとチョコレートはサーブされる
ようです(笑)おいおい、可愛いな・・・・

ドラムの子はシェイムレスのライター、ポール・アボットの息子さんだそうで、
同じ学校で同じバスで通ってるというのも面白いですね。

しかし。

ジョニーとジャムれる日常。なんという恵まれた環境。(息子じゃ!)
ジョニーからのプレゼント、ボブ・ディランの”欲望”が人生を変えた一枚!
アークティック・モンキーズやリバティーンズなんぞには目もくれず!

渋いね。

皆さん、想像出来ますか?親父がジョニー・マーという人生。
(私は出来ません)

頑張って欲しい!

kingratman.jpg 父

父は老体にムチ打ってます。
長い長いツアーです。色々あります。
アイザックがポリネシアン料理で腹を壊して歌えなかったり。
ジョニーのギターがトラブルで殆どステージに立てなかったり。
お客さんがダイブの嵐だったり。

いろいろ、いろいろあるようです。

クレイジーノーム!!

クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!

クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!

クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!

エビバデステイクレイジーノーム!!クレイジーノーム!!クレイジーノーム!!

jmibline1.jpg 私がむしろクレイジー

モデストマウスにはクレイジーノームというキ○ガイみたいな曲があるんですが
オフィシャルサイトではクレイジーノームT(異常な不気味可愛いノームがモチーフ)が
販売されており、突然欲しくなったので購入しようとしたところ、何故かエラー頻発で、
終いには”アドミニにコンタクトしろ”というメッセージが出る始末・・・・

・・・・確かに、エコバッグが売り切れているにも拘わらず、”本当に売り切れか?”と
メールしたよ・・・・。”ゴメンね”という返事も来たよ・・・・・・・

だがこんな上得意様が他に居るか?!はよオーダーさせてくれ!!

jmibline1.jpg クレイグ・ファーガスン

既によ○つ○にアップされていますので、是非チェックなすって下さい。
Modest Mouse preform live on Craig Ferguson で、検索をどうぞ。
曲は”Missed The Boat”です。ジョニーのコーラスが格段に上達しています!!
あ、あんなに、あんなにへにょへにょだったのに・・・・
コメント欄で誰かか書いていますが、ジェイムズ・マーサーを意識しているのかも。

真っ白Tシャッツから覗くジョニーの腕には・・・・・・大丈夫、刺青はありません!

・・・まだ。(頼みますから刺青は入れないでーー)

いつかのex-SMITHみたいな、マジックで描くならいいよ。

2007年5月19日

just like heaven

凄い夢を観た。

スティーブ・ハリスが我が家にやってきたのだ!!

eddie.jpg スティーブ・ハリスとは

コクニー訛りでスティーブ・アリス。アイアン・メイデンのベース・プレイヤーである。
何故スティーブ・ハリスがうちに?!!たまげたが、私はマイデンの来日公演に
行ったこともあるし一応はファンではないとは云えない。マイデンのアルバムも、
7枚目まで(アナログ)所有している。(何故7枚目まで所有しているか即座に解るかと
いうと、その7枚目のアルバムタイトルが7th son of the 7th sonみたいな感じだからだ!)

実際の我が家は普通のマンションなのだが、何故か夢の中では暖炉のある素敵な
お部屋。家族は全員で出掛けてしまい、私はスティーブとふたりっきり。
とはいえ、もともと彼は私にとっては”かっこいい、ラブ”的対象ではないので、
すっかりただのファンとなり、一生懸命彼をもてなしていた。
勿論会話は英語である。英会話など不得手なのに、どうしてかジョニーの夢を観るときも
会話はちゃんと英語なんである。

ま:”トゥルーパーは今も演奏していますか?”
ス:”しているよ!”
ま:”エディ(まいでんマスコットキャラ)はトゥルーパーの時に大活躍しますか?”
ス:”勿論!”

などと、どうやらトゥルーパー(当然ながらマイデンの曲です)の事ばかり訊ねていた事は
覚えている。目が覚めて、”なんでスティーブ・ハリス?!トゥルーパー?!”と、非常に
不思議に思いました。(私が一番好きなマイデン曲は”エイシズ・ハイ”だのに・・・)

eddie.jpg インディペンデント・インタビュー

私は、何を隠そう、ジョニーがモデストマウス入りしてから異常に記事を読む。
以前は誰かから知らされるまでは殆ど読まなかったと云っていいだろう。
今の状態から比べたら、”全くなにもしていなかった”と云える。

実際、ワクワクが止まらないのだ。
今までで一番わくわくしているのだ。スミスはタイムリーじゃなかったし兎も角、
タイムリーに聴いていたエレやヒーラーズ、その他諸々でさえ、ここまで私を熱中
させただろうか?この奇妙なまでの執着は一体・・・・なになのだろう。

熱中時代モデスト編である。
(あ、これ↑いいな。いつかモデページ内で使おう)
30代以上じゃないとネタ元が解らないか・・・

最近のインタビュー記事ではインディペンデントのものが気に入った。
どうです。いい記事でしょ。イギリスの新聞系記事はやはり、ジョニー話に終始する
傾向があって、アイザックには申し訳ないが面白いです。
スミスで好きな曲・・・・”Just Like Heaven”。(そんな曲はありません)
面倒臭いから”ベスト”って答えるアイザック。実に清々しいね。
ジョニーは彼をベタ褒め。いくら褒め殺しジョニーとはいえ、これほどまでにジョニーに
褒められた人物は私が知る限り他に居ないよ。
アイザックが自傷行為に及んだ夜も、彼がお祭り気分で気持ちよく酔っぱらって
いたという状態を知っていたのだろう、全く気にもしていなかったようだ。

私のノン・ストップワクワクは、きっと彼ら自身がノン・ストップワクワクなので、
記事やらレビューやら写真やらセットやら見る度にノン・ストップワクワクなのだろう。
(意味不明)

2007年5月24日

ぶどう糖

ハロー、皆様、お変わりないでしょうか。
(お変わりありませんね)

モデストマウス(とジョニー)も20日からUK入りし、ATPも終わり今日はRAHか・・・・
ジョニーオフィシャルに糞くだらないニューズがありましたが、
スルーさせていただきます。(もっと載せるべきことがあるだろが)

私は近頃は毎日”生命の大航海”の訳詞をしておりまして、
ようやっとその作業が終わったところです。
しかし、楽曲の勢いを出すために聴きながら訳すので、聴くたびに
”もっとシンプルで解りやすい言葉はないか?”と常に思ってしまい
実にキリがありません。私は訳詞なんてするのは初めてなんですが
奥深いなあと思いました。

よりによって、初めての訳詞が他でもないモデストマウスなのが
感慨がありますね。この生命の大航海(邦題を気に入っている)をもう
500万回以上は聴いていますが、全く飽くことがありません。

”Spitting Venom”の詞を訳しているときは泣きそうになりました。
なんだか、私(悪態王)が励まされているように思えました。

”マキヲ式WWDBTSES楽しみ方”として近々アップしますのでお楽しみに!

お楽しみに!

お楽し(略

2007年5月27日

キャット空中三回転

こんにひわ

夕食抜きダイエットを始めて5日になります。
本日の全ての食事をご紹介します。

cucumber.jpg

いつもマイデスク(部屋の半分は机という巨大さ)上の
設定ですみません。母が亡くなってから、我が家には
ダイニングテーブルというものが存在しないのです。

右端をご覧下さい。Wの瓶を。
強力わかもとを先月くらいから飲み始めたのですが、
皆さんはこの強力わかもとの効力をご存じでありましょうか?
年寄りが体力保持の為に飲むものと勘違いしていませんか?

違います。

強力わかもとは、私のようなお腹にガスが溜まりやすい
人間に効くのです。ガスっ腹人間御用達なのです。
まず驚くのがその一度に飲む数です。なななんと、なんと9錠!!
せっかちな私は最初、いっぺんに9錠を飲み下そうとして
窒息しそうになりました。その後、のんびり屋(どっちなんだ)
な私は1錠づつ飲むようになりました。

captain.jpg 生命の大航海

歌詞訳をアップしました。
左側がコメント欄ですが、”どきどきするくらい好き”
とか、”危険なほど好き”とか、アホの子みたいな表現に
我ながら呆れ果てています。この人は馬鹿なの?という感じ
です。しかも、”これでよし!”と思ったそばから、
”ん?待てよ・・・”の繰り返しで往生際が悪すぎ、このように
のろのろしたアップになってしまいました。

が、まあまあまあまあ。

”生命の大航海”訳詞を大公開(だじゃれ)

コメント欄と訳欄がおのずとズレているのは勘弁してください。
1ページに全て収めたのでアンカーがついています。
数ページにわたるようなものは私自身が面倒で見る気がおきない
ので無理矢理1ページに収めました。腸縦長スクロールすいません。
見方としてはまず、訳欄を曲を聴きながら見る。
そしてから(熊本弁)、コメント欄を見てニヤリニヤリ笑う。

という感じでお願いします。

・・・え、絵がイッコしかないじゃないかって?
気が向いたら入れるのかって?そのうち入れるのかって?

captain.jpg アイザックの愛用ギターのサイト

あまりにもローカルな感じでクスッと笑ってしまいました。
アイザック用のはブライアンさん(ウィックスギター作者)の
かつてない程の最高傑作だそうです。

WicksGuitar

・・・なんだか心和むサイトですよね。

2007年5月29日

らくだ王

きさまら~~~~~~~~~~~ぁあ~~~・・・

モデストマウス、生命の大航海マキヲ特別訳詞コーナーへは
足をお運び下さいましたでしょうか。歌いながら観て頂けましたら幸いです。

WWDBTSESからちょっとだけ解放されて、今日はグッドニューズの方の歌詞を
観てみました。実は今までは適当に歌っていまして、合ってるかどうかなんてのは
どうでも良かったのです。歌は勢いですからね。でたらめでもいいんです。
”Bury Me With It”というかっこいい曲があるのですが、Please, Bury me with itの
Pleaseが全くプリーズに聴こえず、ずっと”ぺいっス!”だと思い込んで(普通に
気合い系掛け声と思っていた)、そのように”ぺいっス!!バァリみーウィジッ!!”と
歌っていました。勿論これからもそのまま力一杯歌い続ける所存です。
本当の歌詞を知ったからと云って、そうやすやすと変えたりしない。

皆様もご存じのように、私はジョニーのインタビューをよく訳します。
はあ?と思う事はあっても、大体の云いたい事は解ります。
それは長年の訓練の賜であろうし、また、”点”ではなく、”全体”のジョニーを
少なからず(多からず)把握しているからだと思います。訳は”点”よりも、
”全体”のインプットが非常に大切だからです。

そして、またこれも皆様ご存じのように、私はモデストマウス、アイザックを知って
日が浅いです。ジョニーとの接点からの文字通り”点”でしか彼を知りません。
たとえそれから猛勉強、猛烈ラブとはいえ、実際のところ、私は全くWWDBTSESの
作詞者を”点”でしか知らないわけです。そのようなモデスト素人の私ではあるが、
”現時点”での彼らを何より掴み取ったと実感するようなたいそう意義深い作業でした。


jones.jpg  SPIRIT OF RAKUDA

BGMは社内でバンド活動をしておる男子らのこしらえたCDです。
ワラタ(笑)。早速明日にも酷評して進ぜましょう。彼らも私の酷評を待っているはず。

About 2007年5月

2007年5月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。