« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月 アーカイブ

2008年4月 2日

還暦に聴きたい曲

ハロー、マスクマンズ!
マスクは一日つけているとなかなか臭くなりますね。
あの臭さg(略


今日は”たったイッコの検索ワード”シリーズ三月度をお送りします。
本日の随想タイトルもその一例です。ちなみに、私が還暦にわざわざ聴きたい曲は
エレカシの”奴隷天国”で。

さあ行ってみましょう。

”レモンテヤング”
(笑笑)なんだろう。語感がいいですね。商品名ぽいですが、調べてみたら
ミュージシャンみたいです。

”あきらめる イアン・ブラウン”
(爆笑)なにを(笑)。彼の歌唱の上達を?今更過ぎる(笑笑)。

”らくだ ファンサイト”
居るかも知れない、らくだマニア。

”おびゅんびゅん”
(笑)(笑)(笑)

”革パン 履きこなす”
昔は革パン、革スカートのお兄さんお姉さんが沢山居たんですよ。

”ビジュアル系以外で人気がある日本のバンド”
人気、ってどの程度を云うのだろうか。
そういえばMXを観ているとウラニーノというバンドの宣伝が激しいのだが、
とても売れているとは思えない。

”アイザック・ブロック 最高”
同感ですな・・・(しみじみ)

”アメリカンショウトヘヤアー”
(笑笑笑)。暫く笑いが止まらなかった。字面だけでは別物みたいだ(笑)。

そして栄えある期末検索語大賞は・・・・・!

”ヘーローズ 解散!!”

爆笑しました。へーろーずはいいよ、解散しても。
しかしヘーローズ、もといヒーラーズって云ったって、そもそもジョニーひとりだし
解散もなにもあるまいと思うのだが。

**番外編**3月のサムナーたんラブラブ大賞

”バーナード・サムナー 音痴”
”バーナード・サムナー ギター 下手”
”バーナード・サムナー ニール・ヤング”

きみがサムナーたんを愛してやまない事はよおく解った。

・・・・ん?!ニール・ヤング?!

2008年4月 6日

檄!!檄来日!!

檄!

檄檄!!

檄!!

いよいよあと2日!!モデストマウス来日です!!

冒険!

希望!!

勇気!!!

(この時期、どうしたって脳の具合が普段の500万倍あれになりますので、
どうか生暖かい目で見守ってください)

しかしトップの絵はジョーさん(ジョニーの一番の仲良し)の扱いが酷いな。

2008年4月 7日

冒険の海だ 日の出だ風が呼ぶ 行く手に待つのは

jojo.jpg



ドッギャーーーン!!



大阪の皆さん!!明日は頑張れ~~!!


(出来ればマキヲさんにセット教えてください)

2008年4月 8日

怪獣 ギャング 宇宙人 マジックマウス

scream.jpg

トーキョーの皆様、では会場で!

2008年4月10日

雪山獅子旗

緊張しすぎて激しく鬱に見舞われた。
ふと鏡を見ると、目が真っ赤っか。

setlist040908.jpg

東京9日はBlack Cadillacs未演奏の代わりにEducation、
Parting Of The Sensoryは何処かでやる予定だったのかしら。
(スペサル・サンクス:クッキーシスターズ!)
残念だなあ。10日に期待。でもFly TrappedとKing Ratが聴けたのは
素晴らしい。

緊張の余り胃腸の具合も芳しくありませんで、明日は後方で観ようまいかな、
と思ったけど人多くて見えなかったら厭だしな・・・。参った。

ではまたカオス(私の心の中が)祭り会場で。

2008年4月11日

1匹居たら100匹居ると思え

ゴキゴキしようぜ!!

(当分このカオス脳具合が続くかと思われます)

今日はブコウスキ有りのベノム無し、という感じでしたね。
昨日から耳鳴りがずっとやみません。

9日の前座のmooooooooolsは小話がステキで会場を沸かせたが、
10日の前座、ユーアスホールは小話もなく、お客さんがまるで盛り上がって
おらず気の毒だったのでとても描きたくなった。

assholes.jpg

ライブレポートを早い内にまとめなくては・・・

2008年4月13日

良いにほひのプレクトラム

ウルビーノのヴィーナスを観に行ったついでに寄った科学博物館の
ガチャガチャで、”縄文人と縄文犬(とスズキ)”が当たった(これは確実に
アタリだと思う)。

jomonman.jpg 海洋堂作品

あと、薔薇の香りのするカリグラフィペンを購入した。

なんという良いにほひ!!!

isaac.bmp 祭りの後です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
私にとってはある意味、これから始まる作業があり、祭りも続行中といった感じです。
ギグレポは勿論ですが、モデストマウスページのリニューアルをしたいなあ。
くそう、時間が足らないぜ・・・・

・・・なぜなら、おれはまだ登り始めたばかりだからな、この果てしなく長(略

2008年4月15日

からっけつ

預金はゼロ でるは冷や汗
買っては後悔するばかり
きみのめがねを壊したことで
その話は始まってしまった
きみはぼくをアスホールと呼び
ぼくは代償を払う

壊れたこころには 壊れた首を

忘れようとしたけれど
歩を乱して時を失う

時々ぼくはほとんど犯罪者、酷い気分だ
クルマが壊れたから約束を破ってしまっただなんて
なんて古典的、今じゃ錆びゆく云い訳

だめにしては取り繕い

そろそろ議論を終わらせる時間
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる
どうにもならない どうにもならない そうさ
オーノー オーノーオーノー オーノーオーノー

まるで全部 こわれもの そのものの証
絵空事のワインと暮らし
飲み下すのはテレビン油
そしてきみはまた話し始める
きみ自身知らない話を

Broke (MAKIO訳:一人称はぼくバージョン)

今回のギグで生で聴いたBrokeは衝撃的だった。
アイザックは天才としか云いようがない。
皆さんも是非、改めてオリジナルアルバムで聴いてみて下さい。
(Building Nothing Out Of Something収録)

2008年4月17日

精神的疲労(ダメッジ)からの復活

求むきみのモデストマウス来日ライブリポート!

今の私にはそれが必要さ。

write to me please.

宛先:paloalto≒mcn.ne.jp(≒は@に)

たとえ、”好きだ”とか、”がっかりさせやがる”、
”ごめん行ってない”だけでも全く構わないさ。

きみのパワーを少しだけください。

2008年4月20日

ジェレマイアさん

jeremy.jpg

ジェレマイアさんは線が細いので、0.1ミリの細いペンで描きました。

ジェレマイアさんは不思議だ。世にも珍しい線の細いパワーヒッターだ。
ジェレマイアさんは凄くお顔が小さい。そこらの女子よりもずっとずっとお顔が小さい。

ジェレマイアさんは現代人で恰好良い。ネアンデルタール・ジョニーと並んで欲しくない。

jeremy.bmp そんなラブリーなジェレマイアさんの

描写が一切無いモデストマウスライブレポートはもうお読みになりましたでしょうか。
これからは、”忘れたころにライブレポート”ですよ。(言い訳)

ろみたんに指摘されたので、マンチェVSキャンサーのレポの時のように、

コーヒーでも飲みながらどうぞ。

今回はストイックなレポートで愉快さが全く無いので、というわけじゃないですけど
穴埋めのような来日こぼれ話も同時収録。おトクです。

**一番観て欲しいのは来日こぼれ話ページのモデストメンバーアイコンです。
我ながらよく出来ているぜ・・・フフフ・・・

2008年4月22日

こぼれ話のこぼれ話

joelove.jpg

ジョニー来日こぼれ話コーナーが断トツで好評である。

何故か。

私はこの来日こぼれ話コーナーを、大昔のミュージックライフなどを
イメージしてこしらえた。私自身、来日ライブレポートなんぞよりも、
こぼれ話コーナーを真っ先に探して読んでいたのだ。
ファンとは、なんだかんだ云ってもそういったものなのである。

ネタ元提供者の二人のMKさん(いつもお世話になっております)。
ひとりは20数年来にジョニーに会って、昔の自らで撮った写真
(これが例の”おれの若いころの写真”である)を彼に
見せた。それほどの年月を経て、ようやく写真を渡せたわけである。
もうひとりのMKさんは色々な面白い話を聞き出すのがとても上手である。
ふたりのMKさんはそれぞれの想いをそれぞれに彼に伝えていた。

一方の私はというと、どうやって家に帰ったか解らないくらいに
顔面蒼白で二日間をやり過ごした。ジョニーを目の前にすると
それまで頭の中に溢れていた言葉がオール・クリスタル・クリヤーされるのだ。
2003年も同様の目に遭っている。全く成長していない。



前職で輸出担当していたヨーロッパ法人のドイツ人に、ロック好きなハイケさんという
人が居た。今でもたまにギグを観たりするとお互いにメールで報告しあったりしている。
彼女が好きなバンド(彼女は元マリリオンのフィッシュ率いるバンドの追っかけである)
とはかなり懇意にしており、よく写真を送ってくれる。そのハイケさんに、
”どうしたら世界一好きなミュージシャンを目の前にしてパニックにならずに済むのか”
訊ねた。ハイケさんは以下のような返事をくれた。

I have no idea what to do not to panic....
one funny thing is, normally I am quite shy,but when I can talk to
them it is much better :o)..so a good training for "normal" life.
One thing which helps me is, that I know that they are normal people
like you and me...and they are most probably gentle to their fans
and happy to talk to them....

I wish good luck for the next time, you'll manage!!
By the way at the beginning it was hard for me, too,
but from time to time it is getting better.

彼らもあなたや私と同じ人間。

そうか。そうだったのか。

気付かなかった。

私はふたりのMKさんのようになろうとは思わない。
しかし、ほんのちょっとでも、私にも出来る事はあるはずだ。

皆さんも、大昔ミュージックライフやBURRN!など、来日こぼれ話を読んで
わくわくしていた無邪気な自分を思い出しつつ、こぼれ話をお楽しみ下さい。

*モデストマウスライブ感想文もどしどしお送り下さいね。

2008年4月24日

美しい女性(にょしょう)の香

ぶりえむちゃんのらくがき帖は匂わんばかりの美女臭である。
そうだ、きっと彼女は美女に違いあるまい。
(若しくは神々しいまでにアドニスのような美麗男子)


旧漢漫画に於いて、男子のライバル同士が殴り合いなどをして、

”おまえ、なかなかやるな”
”おまえこそな”

的な展開があるが、この”漢拳”と”絵”は同じようなコミュニケーションツールだと
最近とみに思う。ただこのツールは爽やかなだけではない。
大変な”負”のパワーをも秘めているという事も忘れてはいけない。

eric.bmp ヒア・カムズ・ザ・ノイジー・ワン

NHK教育のリトル・チャロに嵌っている。
幼児並の英会話教材だが、あまりの面白さに毎日のように観ている。
本編は月曜23:30だが、ほぼ毎日再放送をしている。つい何度も観てしまう。
チャロは可愛いし、ドレッドは漢だし、マルゲリータは何度観ても爆笑である。
内容はかなり切ない。お薦めです。

2008年4月26日

ホワイトノイズ

恋をしたんだ
地図がなくちゃきみを探せないね
わくわくしてるんだ

だってぼくは
夢うつつ 夢遊病者

ちんぴら小僧たち
コンビニの駐車場にたむろして
ヘッドフォンの雑音にぶっとばされてる
ぼくはうろうろしながら
きみが立ち寄ることを願ってる

ぼくは夢うつつなんだ
夢遊病なんだ

ぼくらの親たちが留守なのをいいことに
彼らのとっておきを拝借して川縁に行こう

ぼくは夢うつつなんだから
夢遊病なんだから

**本日のマキヲモデスト楽曲邦訳**
”Sleepwalking”はこれもBuilding Nothing Out Of Something収録です。
私が”ちんぴら小僧たち”と訳した部分は”White Trash Boys”なんですが
かなりどう訳すべきか迷いました。というのは、”White Trash”は多分に
差別的な意味を含む言葉だからです。(自分で調べてね)
で、雑音は”White Noise”だからホワイトトラッシュとホワイトノイズを
ひっかけているわけですね。
あと、マキヲ訳・両親の”とっておき”は”Liquor Stash”がアイザック詞です。

しかし、アイザックって一見ペシミズムなのにロマンチシズムが
溢れてる詞が多いね。相当なロマンチストと見た。

今回の来日で演奏された”目新しい”旧作といえば”Broke”と”Here It Comes”
でしたが、膨大なバックカタログのあるモデストマウスなので
新規ファン(私のような)には生で聴きたい曲がありすぎますね。
そりゃもういっぱいいっぱいあるんですが、

私はなにをおいても”Invisible”が聴きたいですよ。(というか一緒に歌いたい)
あれだけ”ハッッホッ!!”とか合いの手を練習したのに一度もその
成果を試せないなんて・・・・

新譜のレコーディングはいつなのだろうか。
次作も外盤と日本盤の発売日タイムラグが3ヶ月くらいあるといいな。
邦訳の時間が一杯取れるもんね。
”WWDBTSES”の邦訳はおかげさまで沢山の方々から好評を頂きました。
どうも有難う御座います。直したいところも多いですが自分の理解度を記録する
意味で我慢してそのままにしておきます。あ~・・・・

2008年4月27日

bling bling bling

もしかして、世間はもう黄金週間なのでしょうか?

私は今日も引きこもって作業です。
最近なんだか何をやっても捗るんですわい。

今回は爆笑しながら読んだライブ・マガジンの記事を訳してみました。
突っ込みどころ満載ですね。だぼだぼのよれよれジーンズ、履いてません
でしたっけ?!この、調子に乗って喋っている感じが非常にジョニーっぽいね。
そういえば、ブッダ・ボーイというのがどうしても解らなかった。
ブッダボーイってなんだ?!アートロッカーでブッダボーイでモッズ。
霊気だのなんだのに嵌ってた時期もあったし、仏教にでも興味が行って
いるんだろうか。

・・・いやいや、忘れる所だったけど、このポーズはいくらなんでも無いわ・・・

トップ絵はこのカラーバージョンです。

tom.bmp 新番組

ドラマ好きな私ですが、よる9時まで起きているのが辛い(この時間を過ぎて随想を
書いている時は一眠りした後です)昨今、楽しみに観ているのがルーキーズ。
原作は既に終焉を迎えていた時代の週間少年ジャンプに連載されていました。
私にとってはこれ以降の森田まさのり作品は読んでおらず、最後の森田と云える
でしょう。アツくて漢くさい漫画です。いろいろ違和感はあるけども、原作の
いいところはちゃんと踏襲しているな。

これもそうですが、上野樹里と長澤まさみのラストフレンズもなんだか
センセーショナルドラマが流行った頃を思い出させます。
ラストフレンズは一昔前の野島伸司のドラマみたいだ。

About 2008年4月

2008年4月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。