« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月 3日

釣り人短気論

いよいよ大量の釣りキチ三平のために、寝るスペースもなくなってきました!
(おのずと随想更新も怠けがちに・・・・・・)

父親や潤(弟)に"どこに寝るの?"と云われるしじゅーですが、
今日、36歳独身無職女がコレクションした数千冊の漫画を親に
捨てろと云われて掲示板で両親の殺人依頼し逮捕、というニューズを観ました。
いやあ、無職だったりして捨てろと云われれば捨てちゃう(売り払う)かも。
読みたくなれば手元に置かなくてもいくらでも方法はあるからね。
実際うちは殆どとっくの昔に捨てられて、現在は"突然はまる"以外は滅多に
漫画を買うことがなくなりました。吉田戦車ものは店頭で偶然見つける方式を
取っているので、発売日は全くチェックしていません。

しかし、いつ、どんな拍子で、なににはまるかわからない。
そして、はまったが最後・・・

さて、三平は実はそうとうの蘊蓄漫画なんですが(だから読むのがじっくりになる)
読んでいると、"絶対に釣りは無理"という気持ちなる。普通は"やってみたいな
釣り!"となるところだろうけど、三平は読めば読むほど"無理無理無理"という
気持ちが募る。特にフライ・キャスティング。あれは物凄く難しそうだし、
鍛錬も必要だし、勿論素質も必要だろうな。
(矢口釣りコーナーはお勉強にもネタページ的にも最高)

釣りってどのような性格の人間が向いているのか?というと、やっぱり
気の長いのんびりした人だろうと思っていたが、全く違うらしい。
短気でせっかちな私のような人間の方が向いているそうだ。
釣れなければじっとしておれず、いろいろ試行錯誤したりあれやこれやに
気が回るから、との理由らしい。まんじりともせずにボケーーーっとしていても
魚は絶対に釣れるわけがないというのだ。(そりゃそうだよね)
餌や仕掛けに気を配り、ラインの流れを読む、なんてことはぼんやりした愚図
には出来まい。子供の頃、渓流釣りをやっていたうちの父親によく連れて
行かれたが、やはりどえらくアクティブだった。足場が悪く危険な崖っぷちを
ひいひい云いながらついて行ったっけ。

せっかちで短気、にも関わらずマイペース、マニアックで孤独癖あり、という私は
考えてみれば釣り人の素養的には合格点なのかも知れないぞ。

話は三平に戻るが、
無印を9割方蒐集しおわったので、平成版をまとめて9冊購入した。
矢口先生がずっと封印していた三平を、18年ぶりに復活させたものだが、
なんか絵が萌え絵っぽいぞ(笑)。これ本当に矢口先生が描いているの?
魚紳さんはなんだか阿呆面だしにやけてる。三平は妙にきらめいている。
おかしいな?!あれ?!(ストーリー展開などはまるきりいつもの
パターンですが)18年も経てば絵も変わるだろうとは思いますが、
こんな萌え絵みたいになるなんて誰も想像出来なかったろうな!
(先生、御歳70ですぜ)その平成版、現在も続刊中ですが一巻出るのに
2年くらいかかってる(笑)。次の巻が出るまでに、1巻から何回も読み返して
おけっていうことですよね、わかります。


だけど、作者がご存命で、しかも現役って素晴らしいですね。

2008年10月 4日

ひみつの毛がド根性を見せた

ひみつの毛仲間のみんな、ハロー!みんなのひみつの毛はお元気?
今日は私のひみつの毛自慢をさしてもらうぜ・・・フフフ・・・・

地元駅近くにある、スパというにはちょっと小さな温泉施設で、10数年ぶりに
アカスリをした。アカスリのおばさん(韓国人)に全てを委ね、大海原に漂う小舟の
ように私は揺さぶられた。隣のみねっちはそれほど揺れていない。(何故だ?
体の体積によるものだろうか?)全身裏表、くまなく強力にこすられたはずだ。

しかし!ひみつの毛が!!私の左上腕部にたった一本だけ生えている栗色の
このひみつの毛(10cmくらい。勿論くせ毛)は、抜けることなくしっかりと私の
上腕部にくっついていた。なんという根性・・・・・
小さな玉結びが二カ所ほど出来ていました。

ところで、自分自身の垢にまみれて揺さぶられる、なんて、アカスリって
なんとも倒錯的だと思いませんか。

露天の寝湯(みねっちイチオシ)で星空を見上げることのなんと贅沢な心地よさ
だろうか。すっぱだか万歳。

2008年10月 6日

ブーツの季節

そろそろラヂヲヘッドのギグが迫っているので、中身をラヂヲモードに
切り替えた。いつ聴いてもしょぼかったパブロ・ハニーがなんだかやけに
美しいものに聴こえた。秋マジックか?ベンズはしかしやっぱり良いな。
特に、涼しい風のそよぐススキの夕闇を帰宅する時に聴く"ストリート・
ファイター・サムライ・スピリッツ2・金・銀・パール"のなんとも形容しがたい
寒々しくも優しいぬくもり・・・・・・・(どっちなんだ)

東京はさいたまもフォーラムも堂々の売り切れ!
ラヂオヘッドの人気はいまだ健在なんだなあ。

それにしても、本当にフォーラムは席から一歩も離れちゃいかん方式
なのかな?一昔前の"コンサート"を思い出すね。
サンプラザとか渋谷公会堂とかNHKホールとか、厚生年金会館とか。
当時はそれが当たり前で、席があるからと云ってノレないわけじゃあ
なかったんだがな。一体感もちゃんとあった。

とりあえず新しく買ったブーツの履き心地がすこぶる良いので、私は大変
ご満悦であります。この新しいブーツを履いて、ラヂヲヘッドのギグに行こうっと。

2008年10月10日

ノーベル演奏賞

皆さまご機嫌よう!レィディオヘッドのギグはいかがでしたか?
私は最終日に行ったのですが、まず、フォーラムの前のチケット難民の数に
たまげました。ダフ屋はおらず、多くの人々が"RADIOHEADのチケット譲って
下さい"という紙を掲げて居ました。あんな光景を見るのはかなり久しぶりです。
TシャッツもSとXSしか残っておらず、決してスキニー女子ではない私は諦めです。

会社を早退して銀座をぶらぶらした後だったので疲れが出、前座のモードなんちゃら
という方々のプレイは眠みを誘いました。(あれはなんなんだ、打ち込みの酷いやつ)
席はきっちり固定で、とても懐かしく思いました。年寄りには最高です!!
そもそもラヂヲヘッドの音楽性から云って、全然スタンディングである意味は
ないよな。席固定と云っても勿論座ってなんかいないけどね。

とにかくあっという間の2時間だった。すぐに"ンムっ!これは・・・!"と思うものが
あり、異世界にどんどん引き込まれた。きりきりした緊張感はあまり無く、まったりと
シンプルな構成であったが、にも関わらず、むしろシンプルであったればこその
演奏と表現(単純なライティング効果)が心地よい酩酊感を生んだのかも知らん。

私がまず思ったのは、バンドはこんな面白くて良い曲を演奏出来るのだから
たまらなく幸せであろう、という事だった。事実、余裕を持って楽しんでいるような
演奏の様子だったからだ。良い意味で王道の、いかにも私のイメージする彼らの
ライブを彼らはしていた。イディオティークもストリート・ファイター2・スピリッツ・
ダッシュプラスも演らなかったが、好きな曲などどうでもいいくらい素晴らしい
選曲だったと思う。個人的なハイライトはトークショウホストだった。
あの辺りの構成は神懸かっていた。

しかしこれほどまでに演って魅せるとは・・・侮り難しレィディオヘッド。
これはプライスレスだよ。11000円以上の価値があるじゃないか。
ここ数年でNO.1のギグだったよ。
最終日で本当に良かった。だって、もし前日だったら私も、きっとチケット難民の
群れに交じっていたに違いないもの。

2008年10月13日

お化け産業

昨日美容院に行ったついでに、まつげエクステンションを試した。
左右30本ずつ、合計60本。(@¥100)

こんなものしなきゃ良かったと後悔している。

だいたいカットだけなら充分間に合ったのだ。
こんなものをしているうちに時間が過ぎ、ろくに観れなかったよ。
なにが、ってF1(日本GP)を、だ。
(しかしハミル屯のドライバーズポイント奪ってくれて有難うよアロンソ)

所でまつげエクステンションて本当に流行っているんですか?
一日経って、ごっそり抜けたぜ。
美容院の女子は"二週間以内なら付け直ししますのでスグ来て下さい"
などとのたまったが、いちいち抜けたからって行けるか?
そういう面倒が人一倍嫌いなこのマキヲが?

なにをするにも、目の周りを腫れ物に触るようにしなきゃあならんので
気が狂いそうになってくる。今ではゴッシゴッシこすっている。
(目が痛いよー・・・・・・・)

早く全部抜けてくれ・・・・・・・


ま:化けビジネスは儲かるんでしょうね。
スギモトさん:でも男はあまりないですよ。
ま:あ、そうか。男子はそうだろうね。
ス:男は容姿は関係ないですからね。
ま:(なに?)そうかい?美容に関しては女子は他人にどう観られたいか、
という事の他に自己満足と好奇心というものがあるからね。

ス:化けた偽物に好意をもたれた所で本当に嬉しいでしょうかね。

・・・・・スギモトさんよ、まさにその通りであるが、美容と女子産業が衰退しない
理由を考えてくれ給え。きみたちはその詐欺ビジネスの一端を担っているんだぞ。
どれだけ化けたいの?!んん?と云って先の引っ込むナイフをかざして
いるんだぞ。

真実とは、偽物の価値を知ることで何か見えてくるものもあるかも知れない。

(その後はまた漫画の話になったので、しっかり釣りキチ三平を薦めて
おきました)

spjmsm.jpg JMギターサイト

の、Thomさんから妙に熱烈なメールをいただいた。二度も。
(ただの宣伝かも知れないが)
有難うトムさん。トムさんのサイトもかなり素敵だ。
解りやすいスコアサイトだと思います。

Smiths On Guitar

実際の"弾いてみよう"映像がくっついているのがいいよね。
これがトムさんなのかは解らないけど。

2008年10月15日

グラヴニン

今晩は白夜行の再放送の最終回なのである。
本放送も勿論観ていたが、この真夜中に鬱になりながら寝るのが最高です。
この深夜の再放送枠はCMが長くて、しかも同じCMが異常な回数やるので
終いには笑ってしまいます。

所で今日やっと釣りキチ三平の最新号(雑誌サイズのやつ)を購入した。
読んでおられる方はお分かりだと思うが(まず居るまいが)、最新単行本の続きは
依然として高田屋嘉平衛の話が続き、釣りは全くない。がしかし、この高田屋嘉平衛
のストーリーがたまらなく面白い。全くどえらい人物が日本に居たものだなあ。
その7代目の子孫が釧路湿原で三平とイトウ釣りを繰り広げた(激しく面白いんだ
これが)谷地坊主というのだから奇想天外である。釣りはねえけど、おら本当に
ウッヒョ~~!!!って感じでドキがムネムネしただ!
こんただエキサイティングなドラマ観たことねえだ!
この雑誌の柱には"矢口先生にお便りを出そう!"という文字とともに仕事場の
住所がはきはき書いてあるが、今時珍しいのじゃないか。マガジン気付け、が
普通じゃないのか?その事を潤(弟)に話したら、"住所を晒したからと云って、
迷惑をかけるような読者層が釣りキチ三平を読むと思うか?"と云っていた。
それにしても矢口先生の絵が美麗過ぎて困る。じっくり観るからなかなか先に
進めない。釣りキチ三平は話しと蘊蓄と絵が美麗なのとで、読むのにやたら
時間がかかって仕様がない。

そんな話を長々と電話で友と語っていたのだが、その友が11月16日のフーに
行けなくなってしまったようだ。割引しますので"行きたいなー"と迷っている方は
マキヲまでご連絡下さい。(さいたまですが)仕事で行けなくなったその友が、
開演時間が異常だと云うのでチケットを観てみたら、17:00(笑笑笑笑笑笑笑笑)
!!!!!!じゅ、じゅうししちじ?!ミスプリントかと思った。爆笑です。
早すぎるよね。

ああやっとそろそろ白夜行最終回の時間だ・・・・・・・・

2008年10月16日

ヤポーニエツ

いや~~、三平を読めば読むほどカムチャツカに行ってカラフトマスを
釣りたくなるよ。(え?三平の話はもういいって?そ、そんなあ!)

スミス関連のリリース(ライノ的なもの)が相次ぎますが、私はそれほどに
興奮していません。先週のラヂオヘッドが良すぎたよ。いまだにラヂヲヘッド
週間が続いています。

昨日はよる8時に寝てしまった。こんなに早く寝たのは初めてです。
しかし、夜更かし出来なくなったなあ・・・
今日はスケアクロウマンだし、11時まで起きてられるかどうか。

あっ、新しいNME買わなくちゃ。
ジョニーとライアンのツーショットカバーだし、なにかクリブズ新情報があるかも
知れないぞ?

2008年10月21日

Di lusso

ぎぃやぁあああ!ドレッドに死亡フラグがあ!!(チャロ)
チャロ→イタリア語→10分箱→10分箱
というこの月曜NHK教育の流れがたいそう好きです。

イタリア語。全然イタリア語は覚えられないのですが、メイン3人の男子が
それぞれ怪しくていいです。以前は女子も二名くらい出ていたと思いますが、
何故か秋から男子3人しか出なくなっていました。(調べたら再放送らしい)
その事が関係あるかどうか解りませんが、小芝居がますますキ○ガイぢみてきて
目が離せません。10分箱は古典などの回が好きです。ナレーションの女性の声が
非常に畏怖の念を感じさせ、いたづらに不安をかきたてられます。
まあ、そのう、怖いのです。楽しげな宇治拾遺物語も耳無し芳一並の怪談に
なっていました。

所で皆さん、受信料は払っていますか?

2008年10月22日

俺は本当に幸せだ。疑いたくなるくらい 幸せだよ。

上記は"本当にあった新耳袋・たった1件の検索キーワード"シリーズなのですが、
このセリフに聞き覚えがありませんか?私はあるのです。今、一所懸命思い
出している最中なのです。

・・・・・・・なんだっけ?!なんだっけ?!

皆様、学業にお勤めにお疲れ様です。
10月も終わろうという今日も、私は薄い生地のトップス(5部袖くらい)一枚です。
街では、みな冬仕様の上っ張りを着ている。寒いか?寒くないよね。
去年もこんな生暖かさだったろうか?いつになったら上っ張りを汗もかかずに
着れるのか。

そういえば、キツネの襟巻きをした女子を観ました。
キツネの襟巻きです。あの、いかにも動物を首に巻く感じのあれです。
しっぽをキツネがくわえるように巻くあれです。
私が子供のころはおばあちゃんやお金持ちの親戚のお姉さんがしていました。
私はお下がりをもらって、小学校の低学年くらいに巻いた記憶があります。
(釣りキチ三平でも、三平がユリッペにカナダ土産としてシルバーフォックスの
襟巻きを買っていました)

そのキツネ襟巻きの女子は美女でスタイルも良く、それがとても似合って
いました。もし、カッペ顔で恰幅のいい女子が巻いていたら、それは多分
戦利品ぽく見えるに違いあるまいだろうね。

そうそう、ジョニーのオフィシャルがリニューアルしてます。
消えたコンテンツは何処へ行ったのか?
あのありがちな体裁は兎も角、ただ、ニューズだけはどこよりも早くアップして欲しい、
それだけを願ってやみません。

(レジスターするとどうなるんだ?ただコメントを書き込めるようになるだけ?)

それにしても、

"俺は本当に幸せだ。疑いたくなるくらい 幸せだよ。"

これ、なんのセリフだったっけ?!キィィイィィィィイイイイイイ!!!!!

2008年10月25日

zoo york

NMEのクリブズ記事のグラビアでジョニーが着ているTシャッツは、Zoo York
という東海岸のスケーターブランドらしいのだが、ウェブ・ショップを訊ねてみたら
Gが一杯出てきて寒気がしました。覚悟して行って下さい。
女子のポロはパフスリーブになっていてけっこう可愛いですね~。
それにしてもジョニーと双子は同じくらいの小ささですね。

クリブズはともかく、コーチェラでのスミス再結成がよもやあるとも思えん。
以前も£2.8ミリオンのオファーを蹴ったではないか。
(もりおが、スミス再結成するなら自分の睾丸食った方がマシヨって云ってたな)
ジョニーもロークとは関係が復活したが(双方の温度差は激しいけど)、もりおや
ジョイスと再び演奏することを想像するのは極めて難しい。
スミス再結成を望んでいるのは、可哀想に、どう考えても時代錯誤で
脳内時間が止まってしまったれんじゅうだろう。私は自らは望んでいない。

観たいけどね。

(ザ・サンのスミスの記事ページの右下がエロいよ。20歳以下は観ちゃだめさ)

spibsm.jpg おにへい

鬼平犯科帳のスペシャルまだかな~?!と思って調べたら、既に終わっていた!
なんというしくじりだろう!!私が鬼平犯科帳を見逃すとは・・・・・・
17日は送別会だったか・・・ああ録画しとくんだった・・・・・・・

2008年10月28日

滅却しおらねばよいが

それにしても、最近の私はジョニーに関しては、全く気が乗らない状態である。

スミス再結成。あるわきゃないのでうざいだけの噂。
スミス音源新発売。ほぼ興味なし。
ジョニー大学で講演。なにをか云わんや。
NMEの記事?読んだような内容のリフレイン。

そんなこと、知ってるよ!知ってるよ!知ってるよ!

(知ってるって、それ前にも聞いたって、壊れたテープレコーダー並だぜ)

気が乗らないときというのは、彼がどこでどんな発言をしていても
心底どうでもよくなるなあ。


この状態はきっと、ジョニーが属しているとされる、なんらかの、
いくつかのうちの、どこかの、バンドの新譜でも出ない限りは
変わらないだろう。

2008年10月29日

true xxvx waits

実は私が一番最初に聴いたラヂヲヘッドはThe Tricksterで、友人が作ってくれた
お薦めMDにたまたま入っていたものだ。ザ・トリックスターは"My Iron Lung"の
B面だ。熱っぽくて目眩がしそうな調べで、思わずハフーーーンなどと云う
吐息がもれそうになる"微・熱・少・年♥"みたいな感じの曲である。
なんというハタチの微熱(袴田吉彦)だろう!!とかなり気に入ったが、
この時、私はまだラヂオヘッドに嵌るには至っていない。

暫くして、また私にラヂヲヘッドチャンスが訪れた。
マー仲間で屁ヲタのぷくこたんから"I Might Be Wrong"を聴かされたのだ。
(こう書くとまるで無理矢理に聴かしつけられたように思えるかも知れないが、
実際のところ、そんな感じであった)この曲で、私はとうとう陥落した。

アルバムを毎日一枚ずつ、シングルも見つければ買う、という日々が続いた。
ミラクル・ミステリーだが、音楽に限らず嵌る瞬間というのは、そりゃあもう全身に
どえらい衝撃(稲妻)が走り、漫画みたいに頭がガーーーーーン!!となるのだ。
これは本当なのだ。いろいろな脳内物質が多量に出るのだ。

しかし何故ぷくこたんは私のセカンドラヂオヘッド体験にこの"I Might Be Wrong"
を選んだのだろうか。もっとウケそうなキャッチーでポップな曲はいくらでも
あるはずなのに。

もし、この曲でなく、例えばクリープとかストリート・ファイター2パール・ダイアモンド
等だったら、と考えると恐ろしくなる。きっと私は、つい先達ての、あの
素晴らしい感動的なショウも観ることはなかったかも知れないのだ。

久しぶりにザ・トリックスターを聴いてみる。
そこに私の好きなラヂヲヘッドは居ない。
逆に云うと、今現在の彼らには無いものでいっぱいだ。
その、果てしもない隔たり。バンドが時を経て無くしていくものがあるとすると、
一方でその失われたなにか(似たもの)を継承するものが現れるのが世の常
である(特に名を秘すが)。

だから、みんな寂しい思いをしなくて済むんだね。

音楽界は、10年、20年、30年・・・本当にうまく廻っていると思う。

次に私が出会う美しきミラクルは、果たしてなにを継承したものだろうか。

2008年10月30日

Bタイプでいこう

血液型などを気にする輩は少なくないが、私はひとの血液型が気になった
ためしは無く、何型がどうのこうのと思ったためしもない。

が、だ。

私は大抵B型に救われる。

こだわり派(どうでもいい事にはとことん無頓着だが)で年がら年中考え事をし、
典型的なA型と云われる私は、B型のパワフルな屈託のない有様に癒されるのだ。
ウラもオモテも無いその笑顔。シンプルで素朴な思考回路。
とりわけその行動力に圧倒されたり元気をもらったりするのだ。

B型。そのしなやかな逞しさと優しさ。B型人間ときたら、全くグダグダと
答えのない無限回廊を彷徨うことは皆無である。

持つべきはB型の友である。

そうなれたらいいと思うが、所詮私は一生キングオブAタイプだろうな。
どうでもいい事はトコトンどうでもいいが、ひとつ気になると答えを出すより
考えあぐねる過程を楽しんでしまうからだ。

そう、例えば、"シビレルほどに憧れてやまないB型人間らの本質"などを。

しかし、

彼らに思想めいたものなど、これぽちもありはしないのだ。

眩しいぜ、チクショウ!さあ、Bタイプでいこう!

About 2008年10月

2008年10月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。