« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月 アーカイブ

2009年1月 1日

東京MXとともに歩む会

あけますておめでとう。

2009年・・・・既に私は2008年に不惑を迎えましたので、今年は不惑plus1
ということか?・・・・・まあ仕様がねえ。

さて、わたくしからの目出度い賀状は届きましたでしょうか?
大晦日に父が退院し、あっという間の元旦ですが皆さんはお正月をどのように
過ごされるのでしょうか。私の場合、

幼少から23歳くらいまで:祖父と祖母の家に親戚が集まり年玉回収&ガンダム映画。
23歳過ぎたあたりから30歳半ばまで:友と旅行先などで年越し及びガンダム映画。
30歳半ばから現在:友と初詣及び自宅でガンダム三昧。

といった感じで、どんなに時代が変わろうとも毎年ガンダムの映画3部作を
観ている気がします。このガンダム映画三部作は勿論ファーストガンダムで、
例年どこかのチャンネルで放送しており、今年はTVK、すなはちテレビ神奈川で
放送されます。単純にファーストガンダムのTVシリーズを編集したものですが、
実によくまとまっておりこの映画3部作のみ視聴すればTVシリーズは観ずとも
ストーリーの把握に全くなんら支障はありません。
(まあまるで観なくとも何事にも支障はないわけですが・・・)
TVKのガンダム映画は昼12:30から夜20:30くらいまでぶっ続けで放送されますが、
夕方の18:30からマイヘブンリーチャンネルであるMXで銀河鉄道999と
さよなら銀河鉄道999(いづれも映画版で、綺麗な鉄郎)が放送されるので、
ガンダムは2部までしか観れないのが残念です。ガンダムと999とどっちが好きか
と云えば999だからね。さっきまでMXはやはり劇場版ブラックジャックを放送して
いて、何度も観た覚えがありますがやはりまた観てしまいました。ブラックジャックの
TVシリーズはうんこでしたが、劇場版とOVA版は出崎・杉野コンビの東京ムービー
制作なのでどえらいクオリティです。勿論、吐瀉物はキラキラしており、止め絵が
三段パンして笑いを誘います。

思えば去年は"キテレツ大百科"も始まったし、明日の朝のMXのメニューは
"はれときどきぶた"、その後に"がんばれタブチくん"という奇想天外ぶり。
今年もMXには足を向けて眠れないな、やれやれ。

(やれやれ、じゃねえ!!!!)

じゃあガンダムまで寝ますね。おやすみなさい。

インターステラ5555

ガンダム地獄と999で元旦が終わった。

ガンダムは1の砂の十字架と2の哀・戦士のみ観て999を観てしまったために
3であるめぐりあい・宇宙(そら)を見損ねた。死ぬほど観ているので
まあ我慢した。今観ると、シャアが魚紳さんとかぶるな。あの超人変態っぷりは・・・

tetsuro.jpg

しかし、サイトトップに絵がないというのは、なんとも寂しいものだね。
その代わりと云ってはあまりにナンですが、上記は原作の星野鉄郎と、映画の
きれいな鉄郎を描いた。さすが、映画のきれいな鉄郎はラーメンライスや
サルマタケなど食べそうにもありませんね。縦か横かわからんビフテキは食べそう
ですね。(松本零士漫画を読まないと解らない内容で申し訳ない)
TV版を観ずとも三部作を見るだけでまるわかり、なガンダムと違い、999は
TVシリーズ全話を観、原作の全18巻を読んだ後に観るべき映画だろう。
(ほぼ鬱話ばかりで明るい話は少ないです。)

明日は無印の二年後くらいに創られた"さよなら銀河鉄道999"を観ます。
(MXにて夕方6:30から放送)世間の評価や伝説度は無印に全く及ばないのですが、
個人的には無印より好きです。娯楽的要素が少なくて、鬱度が高いからかもな・・・

2009年1月 4日

くいしんぼう広場

明治神宮に初詣に行った。

雑多な人間がごった返した原宿駅で友を待っていたら、4人家族の母と父が
私の目の前で口論を始めた。

父:お前達(娘と母)はこのまま買い物に行くんでしょ?混むから千代田線で
先に帰るね。
母:は?混んでるのはどの線も一緒でしょう?
父:俺とこいつ(息子)は先に帰るから。
母:JRでも同じでしょう?
父:だって、買い物するんでしょ?
母と娘:(顔を見合わせて無言)
父:気兼ねせず行ってくればいいじゃない。
母:わけわかんない!(といって、歩き出す)

どう考えてもわけわからないのは母だと思った。父と息子にしたら
女どもの買い物なんぞに付き合いたくはないだろうし、女衆もぞろぞろ
男衆についてこられたら鬱陶しいだろうに。
父と息子は母らと反対方向へ歩き出すのだが、じっとそのやりとりを見守って
いた私(というか、いきなり私の目の前で口論をはじめたので)の事に
気付いたのか、私の方に向き返ってせつなそうな表情をした。
(女ごころは理解しがたいのだよ、ぼうず。)私はぼうずに、目でそう語った。

友となんとか会うことが出来、詣でようと歩き出したが、私たちがお賽銭を
お賽銭広場に投げ入れることが出来たのは、それから軽く1時間以上も
後であった。

まさか、明治神宮があれほど酷いとは思わなんだ。
まことに愚かでした。あの身動き出来ない混雑の中で、私の隣にやたら
病気っぽい若者が咳をしていた。マスク必須だと思った。
原宿の若者男子が全て同じようにホストに見えた。
若者女子は全員整形したキャバ嬢に見えた。

ただひとつ、明治神宮に於いて褒められる事は、"くいしんぼう広場"だろう。
あれが一番、わたくし的に盛り上がった。みるみる間にじゃがバターをたいらげる
私を、友はいまにも吐きそうに見ていた。"今年も見事な食べっぷりだよね"と
感心された。友は私に対しての"初感心"だ。私自身は"初感心され"だ。
このくいしんぼう広場は、なんというかフジのオアシスみたいな雰囲気だった。
または、サマソニの屋台がひしめく広場。しかし、真夏よりも寒空の中すする
コーンポタージューやラーメンの方がずっとうまいよ。

明治神宮の参道入り口に、観光バスが数台とまっていた。

マキヲ:観光バスで乗り込まれたらかなわんな。
友:時間帯を別にして欲しいよね。
マキヲ:早朝にね。そうだな、4-5時くらいで。

もう二度と明治神宮には行くまい。
これなら絶対に高尾山の方がいい。私は高尾山のお膝元(太陽の街、八○子)で
育ったので遠足などのイベントは全て高尾山だった。高尾山のステッカーを
貼っている車を見るとたいそう嬉しい。天狗の面を飾っている家も好きだ。
勿論、多摩御陵も何度行ったか数えられない。しかし、訊くところによると
この高尾山、今現在どえらい人気らしいのだ。

友:なんでかって云うと、ミシュランに載ったからだよ。
マキヲ:ミシュランに載るような店あったかな?蕎麦屋しかなくない?

蕎麦の他、五平餅とおやきしか食べた記憶がない。
本当に謎です。どなたか、解る方が居られましたらお知らせ下さい。

2009年1月 5日

養命酒

必殺の新シリーズのスペサルを観たのですが、期待ほど酷くなかったです。
その前に傑作選を再放送していたのも観ましたが、私がリアルタイムで観て
いたのはどうやら仕事人IIIくらいかららしい。
かと云って緒方拳の藤枝梅安(仕掛人)も観た覚えがあるし(だいたい
"荒野の果てに"をソラで歌えるし)沖雅也が出てたやつのも覚えてるぞ。
きっと再放送で観たのだろう。よくやっていたよね?
主題歌で一番よく覚えているのは西崎みどりの"旅愁"だけど、これって調べたら
72年の"暗闇仕留人"のテーマで、いくらなんでも4歳じゃリアルタイムじゃないよ
なあ、と思ったけど、やっぱり金曜夜10時に観た記憶があるし、

全く人間の記憶ってあてにならんですね。

しかし今時の仕事人には坊主が足りないな。力技の坊主(医師か按摩)を
ひとり入れて欲しい。念仏の鉄みたいな。この山崎努の変わりに、今回ジャニの
松岡某がレントゲンだったのでちょっと懐かしかった。こういう馬鹿馬鹿しい感じは、
確かに私がリアルタイムで観ていたバブリーな必殺だと思った。

ただ、山内としお演ずるところの田中様が居ないので寂しいです。


・・・・あれっ、あと5時間くらいで寝て起きなきゃならないの?
数種の長期の休み明けの中でも、正月明けほど鬱なものはないね。

2009年1月 8日

活躍するイケメン

7 Worlds re-Collideの映像をつべで観ていたのだが、
ナイル(ジョニーむすこ)がイケメン過ぎて吹いた。
なんという無駄にイケメンな親子・・・・・・・・・・・!!!

それにしてもこの人ら(ジョニー、そして息子と娘)は親子して
ニール・フィンを蹂躙しとるな。親子共演は、頼むから余所様のレコーディング
だけにしてくれよ。

フィル(らぢお)のシンガーデビューが一番の人気かな?
ジョニーもPleaseX3を歌ってます。いや凄い!7WCの新しいアルバム
楽しみですね。

2009年1月10日

年玉付きじゃない賀状

みんな、年賀状有難う!

ひとり、年玉付きじゃないはがきのやつが居たが・・・
あと、カーボンオフセット賀状なんてのもあるんですね。
家族じゃしんのやつが一人も居なかったので良かったです。
家族じゃしんを送りたいのにも関わらず、我慢して違うのを送って
くれたやつも居ろう。
家族じゃしんのやつをもらって嬉しいのって、その親族か物好きな
親しい友人くらいだろうと思うのだが、どうか。
家族じゃしんは親族のみに送るべきであり、友におくるべきじゃないと
思うのだが、どうか。

そういえば前職場に、家族で行った旅行の写真を持参して皆に
見せ廻っていた人が居たが、なんとも困ったし迷惑した。
職場の人間(特に親しくない)の家族旅行じゃしんを見せられて
嬉しく思う奇特な人間はそう多くないぞ。"へぇ~、ここどこ?"とか、
"可愛いむすこだね"とか云うしかあるまい。だいたい、子供ならみんな可愛い、
と思ったら大間違いだ。でもとりあえず可愛いって云っておけ的な
状況に追い込まれるのだ。(本当に可愛い造形ならそう申すが)

兎に角、本人ならいざ知らず(本人でも個人的に興味の無い人間はきつい)
写真というものは"見せて"と云われて、まんざらでもない気分の時にのみ
開示するべきだろう。

色々な場面で云えることだが、品のない人間は全部誰にでもなんでも見せたがる。
薄っぺらくて安っぽいものばかりを並べ立ててご満悦だ。
最近は自慢や身内を堂々と褒めたりする人間が増え辟易することも多いが、
生粋の日本人が居なくなったからなのか?己や身内の自慢をすることなど
最も恥ずべきことと教育されたが、現在では死んだ風潮なのか?

実際もらってもいない賀状家族じゃしんからえらい話になったが、
大変申し訳ありません。みんなからのオリジナリティ溢れる賀状は一生大事に
します。

spibsm.jpg 7WC

またしても7WC関係の動画を見ていたのですが、凄まじく混沌としてますね。
特にニールが歌うボディ・スナッチャーズwwwwwwww(らぢお頭の曲です)
爆笑だったんですが、youtubeのコメントはほぼ"酷い!!""やめてくれ"
"ニールはなにを考えとんねん?"みたいな感じです。
あと、やはりラヂオヘッドの"フェイクプラスチックツリー"をWilcoの人とKT
タンストール女子がそれぞれ別の日に歌っているのですが、"何度何人歌うねん
この曲wwwwwwww"みたいなコメントでお腹がよじれるほど笑いました。

全編通して、一体どうなっているのだろう?さぞかしカオスな事だろうね。

2009年1月12日

美味なる耳

パン屋に行って食パンぽいやつ(いわゆる○枚切り)を買うと、はじっこの
オール耳みたいな部分がありますよね。あれをまとめて一斤にして欲しい。
そんなに耳が好きなのならパンの耳を集めたやつを求めればよい、と思うかも
知れないが、一面は普通のふかふかのしろいやつでいいのだ。
両面耳だとバターを乗せてもうまくなさそうじゃないですか?


表紙の絵はいかがでしょうか。ナイルはイケメンには違いないのでしょうが
私の絵はきもちわるいの一言ですね。彼はほんとに素人時代のジョニーに
そつくりですね。それにしても、あのベテラン勢を前にして、どえらく肝っ玉が
据わってると思いませんか?なんとなくあつかましい感じは父親に似たのかも
知らんですね。今回の7WCには新顔も多数出演しているので、ジョニーも
コネ・・・いや人脈が更に拡大出来たことでしょう。暫くしたら、あの中の誰かの
アルバムに参加しているかもよ。

ジョニーはモデストマウスのツアー中、勢いのあるバンドに身を置く喜びを
謳歌していましたが、その降って涌いたかのような偶然は単なる幸運では
ありません。彼が積み重ねて来た実力と努力の賜であります。

それは解るんだ。 

が、

人脈つくりの苦手な私のようなものにとっては、その先の一歩が非常に億劫
だったり、鬱陶しかったり、鬱陶しかったり、鬱陶しかったり。

鬱陶しがることなく且つ誠実に、物事にあたるが肝要である、という事を
マーという人は、作品を通して教えてくれる。有り難いよ。そんなことは
誰も、なにも教えてくれはしないからな。彼は私の美味しいパンの耳だ。

2009年1月21日

トリガーハッピー

:::今日のガッチャマンあらすじ:::
相変わらずバードミサイルを撃ちたくてたまらない(コンドルの)ジョーは
早速にもバードミサイルのスイッチに手をかけるが、またしても
(大鷲の)ケンに"待て!"と制止される。しかし、南部博士からバードミサイル
発射の許可が出たのでジョーは嬉々としてバードミサイルを激しく連射する。
その姿はまるで高橋名人さながらに・・・・惜しげもなく撃ちまくるジョーだったが、
バードミサイルがとうとう!

ジョー:"弾がなくなった・・・・!"


みなさん、お元気ですか。

そういえば私は連射系のゲームが苦手だったなあ。
グラディウスやツインビー等。


所で、ジョン・フルシアンテの新譜"ジ・エンピリアン"が売っていません。
どこもかしこも売り切れです。どなたか入手された方はおられますか?
一体いつになったら聴けるのだろうか。哀しくて、はらはらと涙が頬を伝います。
フランツのトゥナイツも買えていません。近所のすみやも潰れたし。
このご時世だのに、品切れとかおこすなよな!"CDを購入する層"なんて
いまや限られているぞ!その層に対し、失礼な話じゃあないかまったく。


あ、三国志が始まった。じゃあまた!

2009年1月26日

故障したエスカレーター

故障したエスカレーターを降りるのって、なんであんなに怖いのだろう。
なんというか、こう、幻惑されて、という感じである。

愛用の目薬が空になったので、薬局で目薬を物色していたら、
薬剤師と思しきおやっさんが近づいてきて、なにやらお薦めを
説いてきた。説いてきたらしかったので、ヘッドフォンを外して
話を聞いた。

マキヲ:これがお薦めなんですか?
薬剤師のおやっさん:はい。これは大変良いです。
マキヲ:スキーーーーーッとさわやかですか?
薬おやじ:それほどクール感はありませんが、ある程度のすっきり感は
あるのじゃないでしょうか。
マキヲ:そうですか。これのなにが大変良いのですか?
薬おやじ:なんというか・・・・・・これはね・・・・・・
マキヲ:はい。

薬おやじ:目が落ち着くんです。

マキヲ:ほほう・・・・・・
薬おやじ:しっとりと馴染んで落ち着くんです。ところで、目薬をこぼさずに
差すことが出来ますか?
マキヲ:任せてください。ばっちりです。
薬おやじ:正しい目薬の差し方というものがあるのですが、お教えしましょうか。
マキヲ:いいえ、先ほども述べましたように、私は目薬を差すのは得意のはず
です。
薬おやじ:いいですが、こうして・・・・(といって、おもむろに下瞼をべろーーーんと
めくり、赤々と毛細血管の走る結膜を晒す)
マキヲ:!!
薬おやじ:目薬を差したら、両目をぎゅっと20秒ほど閉じます。
マキヲ:20秒も閉じるんですか?
薬おやじ:はい。
マキヲ:勉強になりました。有難う御座います。

結局私はそのおやっさんのお薦めを購入したのだが、あの赤々と健康そうな
結膜と、おやっさんが上を向いた時に見えたぼうぼうの鼻毛を、私はきっと、
多分、いやもしかしたら一生涯忘れることは無(略

jeremy.bmp

フランツのトゥナイツとフルシアンテの新譜をようやっと入手した。
フランツの三曲目は、映画"ピューと吹くジャガー"の主題歌とのことだが、
いったい全体、この曲があれとどう合うのか・・・・・
噂では主人公はキャナメらしい。私のベッドサイドには"セクシーコマンドー
外伝・すごいよ!!マサルさん"が全巻あるが、ピューと吹くジャガーはろくに
読んだことがない。マサルさんの後にジャンプで連載していたやつもすぐに
打ち切りになったはずだが、ピューと吹くジャガーは随分と続いているのだなあ。

新譜の感想じゃなくてすいません。

2009年1月29日

美しい言葉

ポンドが崩壊している。
クラークスのゴアテックスブーツをどえらく安く購入したよ。
ホー暖かい・・・・・・・・・


今日はジョニー・ニューズを漁っていて本当にたまげました。
折角モデストマウスのツアーが始まるというのに、ジョニー不在・・・
このツアーっていきなり決まったのだろうか。どうもモデストマウスのツアーと
いうのは突発的にダダダっと決まるイメージがある。
それにしても一体ジョニーのスケジューリングはどうなっているのだ。
余りにも無責任じゃないのか?クリブズだって死んでるバンドじゃないんだし
そもそも活動が被らないわけがないじゃないか。それみたことか、
という所ですね。

私が非常に義理堅い人間だからなのか、このジョニーのやり方には
違和感を感じる。下手するとこのままモデストマウスからフェイドアウトって
ことにもなりかねんなと危惧しているわけなのだが。

関係ないですけど、ジョン・フルシアンテの新譜に心酔しています。
なんという変態的且つ魅力的な歌声と楽曲だろうか。
レッチリでは何遍も彼を観ましたが、ソロで来日したなら絶対に観たい。

彼はギタマガでのインタビューでは物凄くいい事を云っている。
感じ入るところがあり、私はいまにも涙を落とす所だった。

本当にいい事を云っている。美しいことを云っている。
ああ!!ジョン!!有難うジョン!!

2009年1月31日

漫★画太郎

久々に観てみたら、我がマー辞典がカオス状態だった。
やはり解放しているとだめだね。仕様がないのでトップからしか入れない
ようにしました。

そこにジョン・フルシアンテを追加したのですが、新譜のライナーノーツと、
ギタマガ2月号の彼のインタビュー中、ジョニーに言及した部分を抜粋して
載せましたので、興味のある方はどうぞご覧になって下さい。

ここ

いくつかのジョニーコメントがオフィシャルにアップされています。
ニューズページに和訳を載せたので是非どうぞ。
しかし、不思議なことにモデストマウスのツアーに参加しない旨は記載されて
いませんね。仮にもメンバーだのに。

片方からしか物事を見れないとは仕様がないではないか。

isaac.bmp 

今期観ているドラマは銭ゲバだけです。
マツケンはいいなあ。セクロボも大好きだった。
この原作はジョージ秋山ですが、いいアレンジになっている。
(スポンサーが少ないのが気になるが・・・・・)

ジョージ秋山と云うと浮浪雲が今でも続いているが、私がリアルタイムで
読んだのはシャカの息子とか海人ゴンズイ(ジャンプ連載)あたりで、あきらかに
他の漫画のムードと一線を画しており、かなり笑激だった。潤(弟)と、"なんなんだ
この絵"とか云って笑っていた。

"なんなんだこの絵"。

そう云われる漫画家は最強である。
唯一無二の存在である。

そういう漫画家に私もなりたい。

About 2009年1月

2009年1月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。