« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月 アーカイブ

2009年2月 7日

本田路津子

実写映画・釣りキチ三平の前売り券が発売された。
この前売り券には、なんと、矢口せんせいデザインのイワナ魚拓手ぬぐいが
付いているのだ。凄いぞ!なんというマニアごころをくすぐるオマケだろう!!
早々に丸の内TOEIでゲットしてくれた友に感謝の気持ちが絶えない。

ただし、映画には全く期待していません。
原作改悪は仕方ないにしても、一番許せないのは三平くんに姉が居る
設定である。冗談ではないよ。三平くんという男子は、兄は溺死、母親は
三平くんを産んですぐ死亡、父親はゆきかた知れず、というこれでもかという
不幸をコンボで背負った子なのだ。一平じいちゃんが死ぬと、まるきり文字通り
天涯孤独なのだ。天涯孤独な不幸コンボだのに、何故、どうして三平くんは
あれほどまでに(略 というキャラクター漫画の要の設定を勝手に変えられては
思い入れ深きファンとしては憤慨もしようというもの。
それにね・・・・あの魚のCGもなんだよ・・・・・・・・

みんな!こんばんは。もう2月とは光陰矢の如しですね。
少年老いやすく学成りガタしですね(違う)。
いきなり釣りキチ三平の話題で申し訳ない。
魚拓手ぬぐいで乾布摩擦でもしようと思うよ。

vanpeiyuicon.jpg いくこタンは好きだろうか。

フランツのトゥナイツで私がいっとう好きな曲が"トワイライト・オーメンズ"だ。
トワイライト・オーメンズの順番になると心が躍る。

この曲は60年代から70年代の日本のフォークに似たものを感じる。
三人くらいの長髪フォークグループがベルボトムで演奏している感じなのだ。
全てがにっぽんのフォークソングな響きなのである。この曲を聴いて、とても
実際のフランツのメンバーは思い浮かばない。

べーやん、チンペイさん、トオルさん、

これしか浮かばない。

2009年2月 9日

いぶりがっこ

行きつけの美容院の美容師であるすぎもとさんは、行くたびに私に
かわぐちかいじの"沈黙の艦隊"と、高橋ヒロシの"クローズ"を薦める。
やはり、大好きで何度も読んでいるそうだ。しかし、どんなに熱っぽくその
面白さを語られても、全く興味がわかないのは何故だろうか。
私も負けじと釣りキチ三平を語り薦めるのだが、やはりいまいち彼も興味が
無い様子である。

嗜好とはそういったものだ。

sanpei.jpg

上の画像を観て欲しい。
友がゲットした三平映画のチラシの下部分だが、登場人物が多い。
これだけの人らが、いったい誰の役なのか気になる。
ベースにしている夜泣谷の話は、三平と、黒沢銀次おじさん(普段は炭を焼いて
暮らしているが、イワナ釣りの名人である。夜泣谷のダム工事を反対している)、
銀次おじさんのむすこ・銀一(ダム工事会社勤務)、一平じいさん、猿、

これしか出てこないはずである。

左から、渡瀬恒彦(一平じいさん)、渓流、香椎由宇(居もしない姉)・・・・
・・・・その隣が解らない。須賀健太(三平くん)と、誰?
いったい萩原聖人はなんの役なのだ?アラスカ・グリズリー?(ちがう)

他にも、蛍雪次朗とか片桐竜次の名があるが、なんの役なのだ?
上記に記したように、原作の登場人物は数人(と猿と佐膳岩魚)である。
これは面妖だ。そして一番面妖なのは右端の塚本高史。
彼が、かの変態・・・いや、三平ストーカー・・・いや、釣りキチ同盟仕掛け人
(これだ)の鮎川魚紳である。一応ヘラブナキャップをかぶってはいるが、
どう考えても若すぎるだろ?私は魚紳さんは30代半ばだろうと思っていたのだが。
塚本高史が、"三平くん、早くライフジャケットを着けたまえ!"
とか云うの?右目はちゃんと(略

まあいいや。

でも、魚紳さんの背中に"祈願・日本一周釣り行脚"の文字が無かったら
私は映画館を飛び出るぞ。

2009年2月12日

試合続行中

今年は日本では46年ぶりくらいの皆既日食が観測されるそうだ。
東京では7割方欠けるだけだが、南へ行けば行くほど長時間観測出来、
欠ける割合も多い。例えば屋久島や奄美大島だ。この辺りはほぼ真っ暗に
なるだろう。

奄美大島か・・・・・

奄美大島に、ジョニー・マーファンは存在するだろうか。

みなも、カレンダーの7月22日に印を付けよう!昼頃からかけ始めるよ!
白黒フィルムのなにも映っていないものを用意しよう!(魚紳さんのお薦め)

iwana.jpg

皆様は、例えばコンビニに行ったりリトルマーメイドに行ったりする時に
ヘッドフォンを外すだろうか。私は外さない。音も消さない。

しかし、無言で作業をしてくれる店員は少ない。
すなはち、ひっきりなしに何事かを訊ねてくるのだ。
私はたいがい、マイビニール袋やマイショッピングバッグなど携帯しているために、
いの一番に"袋は要りません"と云う。店員は畳みかけるように、

"箸は要りますか"
"スプーン・フォークは要りますか"
"○と○を一緒に入れていいですか"
"レシートは要りますか"

などと訊いてくる。

私のデータでは、リトルマーメイドに敵う質問の多い店はない。

"お持ち帰りですか"(うむ、そうだ。昼飯さ)
"○と○を一緒に入れていいですか"(いいよ、全部同じパンじゃないか)
"フォーク要りますか"(どれをフォークで食べるの?)
"お手ふき要りますか"(要るよパンは手で食べるよ普通)
"リトルマーメイドシール集めてますか"(殆ど毎日買うけど集めてないよ)

本当にもう、なにも訊かれたくないのだが、どうしたものだろう。
ヘッドフォンをしているから、ではない。単純にサービス過剰が鬱陶しいのだ。
そのくせ袋詰めやパッキングがなっておらず、フタが取れて中身が
ぐちゃぐちゃに出たりする(オリジン弁当のおかず)のだから奴らはサービスの
なんたるかを間違っていると云わざるを得ない。

上記にあげたネバーエンディング問答は不可欠か?否。
海外で買い物をしたって、喋りかけられることと云ったら"すてきなお天気ね"
くらいのものだ。

日本人は変態だ。総じて変態だ。

(つづく)

2009年2月16日

くしゃみダイエット

東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

天神さまの歌は(そのシチュエーションを思ふと)ペソスであはれを誘う
ものですが

東風吹くな!!

花粉で絶不調です。

調べたら、去年の発症は3月に入ってからだったようなので、
今年は一ヶ月早いな。しかし、去年もかなり苦しんだようだ。
(2008年3月の随想参照)マスクの素晴らしさを朗々と謳いあげた
変態ちっくな随想が続いている。所で近頃、"メイクが落ちにくいマスク"という
化粧が付きにくいという事に特化したマスクが売っていて、早速購入したのだが

全然付くよ。

腸立体・花粉ガードの方が付かない。

いや、そんなことより、定期(Suica)とバスカード5850円分をなくした事の
ほうが衝撃です。こういった金券的なもの(財布も)をなくしたことが一度もない
私だのに、それだのに・・・・といった部分がショックなのです。
買い物に行った時、生協で落としたのかも知れない。電話すべきか・・・・・

morrissey01.jpg もりおの新譜はいつ出るんだろう。

ニューズを漁っていたら、オア煤兄がマンチェスター・シティの応援団を
ジョニーらとこしらえたいなどと云っていて笑った。そのメンバーが、いいんだ、
凄く。勿論、もりおは誘われないようだが。

2009年2月17日

レジェンダリー・コースケ

釣りキチ三平の最終章である"釣りキチ同盟変"・・・いや"釣りキチ同盟編"を
読んでいて、一平じいさんの戒名が泣けてくるほど素晴らしいのでとても
羨ましくなった。そこで、戯れに戒名を自分で考えてみることにした。
(しかし本来、戒名というのは生前からもらって早々に仏様の弟子になるのが
いいようです)

"馬鈴薯院漫雅悲哀美信女"。

故人は、じゃがいもをこよなく愛し、漫画好きでペソスを美とする人生であった。

このような感じでいかがでしょう?本名の雅美も入れてます。(浄土宗)
音楽的な趣向も入れたかったが、あまり欲張って長くなっても品がない
(・・・まあ馬鈴薯院という時点で(略)のでこの程度にしておいた。
信心深く仏門の教えに忠実な人物(要するにお寺さんに金銭的貢献を多大に
していた人)は"大姉"という位号がもらえるみたいですが、私は信女でよいです。

spibsm.jpg 

今日、早速"嗚呼、マスクをしていて良かった"という事があった。
通勤帰り、電車で座っていたら、隣の高校生男子ふたりが共通の友だちの
話をしていた。ヘッドフォンをしていなかったのでもろに聞こえてしまった。

男子A"あいつ、やべーよな、コースケ・・・"
男子B"まじやべーよ、コースケは"
男子A"手に画鋲をみっつくらいつけてんの"
男子B"手のひらにだろ。あれでバンバン叩きやがんの"
男子A"まじやべーよ!イテテテ!!!"
男子B"痛ぇよな(笑笑笑)!"
男子A"あと襟のうしろとかに画鋲入れてくんの(笑)!ヤベーぜ"
男子B"あれまじイテーんだよな!"
男子A"あとお笑い大会(仲間のイベントらしい)で犬のウンコ掴みやがんの"
男子B"こう、ギュッ!と掴んだんだよな"
男子A"そそそ、すげえマジヤベエ!"
男子B"コースケだけは洒落にならねえ!!"
男子A"ギュウウウッと掴んだからなあ!"
男子B"あいつは昔から人を笑わせていたな"
男子A"うん。来年は早稲田だっけ?"
男子B"慶応じゃなかった?"
男子A"エリートまっしぐらだよな"
男子B"うん・・・・・"

序盤はマスクの下で爆笑だったが、最後は何故かしんみりさせた。
コースケは無茶な奴だったが、きっとみんなに愛されていたのだろう。
彼らは、いったいどんなおとなになるのだろう。

2009年2月26日

もりお列伝

テレ東を見ていると、やたら三平映画のCMを観るなあ。
監督の滝田洋二郎はオスカー取っちゃった。
それでもまるきり三平映画は期待出来んな。

皆様、ご機嫌麗しゅう・・・
サマソニの第一弾参加バンドが発表されていましたが、まだクリブズは
発表されない。今年から3日間だそうだよね。参ったなあ。
はっきりしない限りチケットも買えやしねえべ。
しかし、ヴァセリンズって活動しているの?!観たいです。

所で、もりお新譜はお聴きになりましたでしょうか。
私は最寄りのCD店(新星堂)でDVD付きの日本盤を購入したのですが、
3800円もしました。・・・高くないですか?DVDが付いてるからと云って、
3800円はないわ。(まだ観ていません)アマゾンだと送料無料で3115円
くらいだのに。(それでもまだ高いな)

最近、とみに思うのだが、なんでもかんでも店頭で買うのが馬鹿らしく
なるほどに、断然ネット購入の方が安い。
電車賃を使って買いに行くとなると、もう1.5倍くらい割高になる。
だからと云って、店頭においてあるのを観ながらわざわざ"ネットで買うべ"
というものではない。現物を観、手に取れば買うてまうがな。
(少なくとも私はそうだ!)

高いなあ、と思いながらも"買わない"という選択はない。

しかし、やっぱりネット購入が格安と知りながら店頭で買う行為は愚かとしか
思えないのも事実・・・・・

そんな割り切れてない自分が厭です。

(新譜感想じゃなくてすいません)

About 2009年2月

2009年2月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。