« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月 アーカイブ

2009年3月 9日

もりお列伝2

トレインチャンネルで釣りキチ三平のCMをやっているのだが、あの
リールはベイトリール?巻いてあるのはフライライン?橙色で、やたらビニール
っぽいが・・・・・・謎過ぎるタックル・・・・・・

もうすぐ公開ですが、全然楽しみじゃないです。

所で、ダイソーで売っている前田の五穀クラッカーがとても好きで、
行くたびに3つくらい買うんですが、今日、ストックが無くなったので行って
みましたらば、この間私が買った時のままの在庫数だった。
残り3つを私が購入してしまったら、もうダイソーの在庫はゼロである。
私しか購入するものが居ないとは云え、商品の補充をせず前田の五穀
クラッカーはここから姿を消してしまうのだろうか。哀しみで胸が潰れんばかり
です。

そんなことはどうでもいいですか?

もりお新発売日からずっと聴いているのですが、今回のアルバムについて
なにか述べるのが非常に憚れる。もりおは張り切って歌っていて、持ち味の
ラブリーさが激減しているが、まあそれはそれとして。

曲が全部B面ぽい。

云ってみれば、全曲がボーナストラックみたいな感じだ。
通して聴くと余計にレア・トラックス的なアルバムに感ぜられるぞ。
一般的にボーナストラックと云ったって、なかにはシングル曲をしのぐような
佳曲もあったりするものだが(もりおで云えばもりおの世界とかもりおレアなんか
がそうだ)、もりお新譜はそういったキラキラしたトレジャーな輝きはない。
単なるB面集だ。アルバムに入れなかったのも解るわ~~、みたいな
あれっ?B面集じゃなかったんだ!、という感じだ。

"All You Need Is Me"。

なんという絵に描いたようなB面曲だろう!

B面で悪いか?という潔さすら感じさせるよ。
現に、私もB面がA面であってなにもガツカリなどしていないし、
全然悪くないと思うしな。

2009年3月18日

むせる

盗まれた過去を探し続けて おれは彷徨う 見知らぬ街を
炎のにおい しみついて むせる
さよならは云ったはずさ 別れたはずさ
地獄を見れば こころが乾く 闘いは飽きたのさ
さだめとあれば こころを決める そっとしておいてくれ 
明日に ああ繋がる今日くらい
(唐突に歌いたくなるサンライズのロボットアニメシリーズ(装甲騎兵ボトムズ)


皆様、花粉の具合はいかがですか。今週がヤマです。
頑張って乗り越えましょう。

吉井とぺっとしょっぷボーイズの新譜が出た(はず)。
今回はアマゾンで購入した。ペッショボ新譜の豪華版はなんとかミックス
だのなんちゃらダブだのとわたくしの好みそうな内容のボーナスでは
無さそうなので通常版を購入した。ジョニーがなにとなにのコ・ライティング
なのか忘れてしまった。

そういえばフルシアンテのご紹介コーナーも更新してなかった。
忘れてた・・・

毎日よる8時には寝てしまう昨今のマキヲですが(昨日はチャロ→イタリア語
→10分箱→10分箱→言葉おじさんのNHK教育コンボでしたが)
火曜深夜1:30から釣りキチ三平の再放送を観るために朦朧としながら
起きています。今日は"イトウの原野"だったわけですが、これに登場する
釧路湿原の風来坊釣り師・谷地坊主というキャラクターが凄いんですよ。
全世界の釣り人、いや、人間の追い求めてやまない究極の理想の姿なんじゃあ
ないだろうか。

しかしおっさんや年寄りの恰好良い漫画って素晴らしいね。

セント・パトリックス・デー

どうです?トップの俳句は・・・
季語ですか?マスクに決まってますぞ。

俳句はいいねえ。どこかの俳句の会に入会するよりも自分で作りたいな。
誰か私の連衆に加わってくれませんか。

俳席って、どうもクリケットみたいな印象があるな。
休み休みぼちぼちプレイする、というような。
そりゃあそうだろう、簡単にすらすらと句など継げるわけがない。
百韻とは云わないが、せめて一度は歌仙くらい巻いてみたいな。
俳号はなにがいいかな。

vanpeiyuicon.jpg

全く関係無いですが、私はたまに外国の方々から"絵が素敵"という
メールをいただく。逆に、日本の方々からは絵は褒められず、内容と文章を
褒められる事が多い。外国の方々は日本語が読めないから仕様がないのだが
更に、"他にスミス漫画を描いている人(サイト)があったら教えてくれ"みたいな
事も書いてある。

たぶん、居ない。

だってウェブ上で観たことないのだ。自分以外のスミス漫画を。
(まあ探してもいませんが)
そんなわけで、"素敵"というよりも物凄いレアなんだと思う。

一時、奇特な人(ヒガさん)が私のスミス漫画を英訳して外国人に説明
するという試みをしていた。英訳したところで、微妙な日本語のニュアンスが
伝わるわけがあるまい。仕様がないから台詞を勝手に変えられてしまったり
する。それをまた日本語に訳してもらったりした事があった。

しかし、驚かないで欲しいが、私はそんな外国人の訪問者を有り難いとは
全く思わないのだ。むしろ彼らなどブチハイエナにも等しいと思っている。

ちょっとでも自分で絵を描いたり作品を作った事がある方々ならば、私が何を
云わんとしているか理解して頂けるだろう。

2009年3月19日

サテライト・スキン

おばあさん 化粧女の 前に立ち 
          
                粉攻撃に すごすご退散

どうです?今日の一句は。通勤電車で見かけた光景です。
電車で化粧女は常時2-3人は居ますね。
私はコスメヲタなので使用しているコスメに目が行きますが、大抵
そういう下品な女子らは小汚い安物を使っている。化粧ポーチも汚い。
安物は兎も角、私は、化粧ポーチ内部を汚くしているのはどうにも許せん。
どんなに上っ面を塗りたくった所で、それがきみたちの正体なのだよ。

isaac.bmp

Youtubeに、レターマンショウに出演し新曲を披露したモデストマウス映像が
あがっています。この新曲が旧来のモデストマウスっぽくて素晴らしい。
セカンドあたりの。この曲が近々EPとして発売されるらしいです。

しかしつべの映像はメンバーが7人くらい居たぞ(笑)。
増えてるじゃん!!

それにしても故・ヒース・レジャーやテリー・ギリアム(存命)のPVが早く
解禁されないかなあ。

2009年3月23日

さかなクンさん

ついに釣りキチ三平の実写映画を観に行った。

この随想読者にこれから釣りキチ三平を観に行こうなどという輩は
金輪際居るまいと思うのでネタバレを気にせず書けるのが良いね。
(という以前に私の感想なんぞにもこれぽちの興味も無いと思うが)

まず、"ファミリー向け"だの"釣り知らない人も原作知らない人も楽しめる"
だの叩き文句で謳っているが、

そんなこたあないよ。

充分マニアックだし、シュールでサイケでカオスな映画だ。

いくつかの原作ネタが散りばめられているのだが、冒頭の鮎のトモ釣り大会
部分は"水のプリンセス"だし、源流行と山神なんて"天狗森の巨大魚"とか
"マタギ"とか入ってるし、"ニンフの誘惑(フライフィッシング)"も入ってるし、
ラストの抱き取りは"三日月湖の巨鯉"だ。
むしろ、ベースとしているらしい"夜泣き谷"の部分はほんのちょっとじゃないか。

しかし、主人公が香椎由宇じゃないか?
少なくとも三平くんである須賀健太くんは可愛いだけで主人公たり得る存在感
など無かったぞ。魚紳さんは軽く焼いたカルメ焼きみたいなキャラに
なっている。まあそれはいいや。ンだども、原作では他の追従を許さない
絶大で圧倒的な腸魅力的主人公である三平くんのその役の彼に、居もしない
姉設定の香椎由宇以下の存在感しか無い、というのは哀しい。

友:あの三平くんに足りないものはなんだろうね。
マキヲ:そんなの決まってるよ、知性だよ。知性と玄人の目だよ。
友:じゃあ誰が良かったの?
マキヲ:そんなの思い浮かぶわけねえべ。

友:・・・・さかなクンなんてどうかな?

私はさかなクンに即座に同意した。さかなクン、いや、さかなクンさん、お願いします。
魚紳さんは次回は北村一輝でお願いします。
(塚本某じゃ若すぎるし秘めたる変態性が足りねえだ)

午後1時半くらいの銀座丸の内東映で観たのですが、ガラガラでした。
窓口でお姉さんが、"もうだいぶん埋まってます"などと云っていたので
(良かった、ガラガラじゃないんだ)と安心したのも束の間、フタを開けてみると
ガラガラでしかも爺さんと婆さんばかりでファミリーはゼロ、もしかしたら
私たちが一番若年だったかも知れない。
爺さんらと婆さんらはよくゲタゲタ無邪気に笑っていたが、私たちとは笑うところが
悉く違っていた。

映画を観終わった後、サンシャイン60展望台で矢口せんせい(釣りキチ三平
原作者)のサイン会に行った。間に合わないと思ったが、余裕で115番くらい
だった。(150人限定)先生はひとりひとりにサインとファンが購入した先生の著書
などに絵を描き入れていた為、どえらい時間が掛かっていた。
私は、この間の吉田戦車のサイン会のときもそうだったが、やたら緊張すると
馬鹿みたいに多弁になる。作業をする先生を前にベラベラ喋ってしまった。
(他のファンは皆沈黙してサインをもらっていた)

マキヲ:たった今、映画を観てきたところです。
せんせい:須賀君、可愛かったでしょう。
マキヲ:ええ。ユリッペも可愛かったですねえ。
せんせい:ああ、可愛いよねえ、土屋タオちゃんだよね。
マキヲ:映画にはマニアックな原作ネタを所々に紛れ込ませてましたね。
せんせい:フフフ・・・
マキヲ:平成版の続きも凄く楽しみにしています。
(ここで握手)
せんせい:有難う御座います。
マキヲ:有難う御座います。

といって、以下の色紙(印刷)にせんせいが直筆サインを入れて落款を朱で
押印してくれる。

tomodzuri.jpg

そして、購入物にひとりひとり描いてくれるのがこれ。

sanpeikun.jpg

感激ですね。

吉田戦車のときは好きなキャラを描いてもらえたが、矢口せんせいは有無を
云わさず三平くんのようだ。出来るなら谷地坊主を描いてもらいたかったが
これはあまりに欲深い相談さ。

私はミュージシャンのサインは全くの無価値と公言して憚らない人間だが、
大好きな漫画家の直筆イラストとサインを自身でもらうことは、嗚呼、
なんという至福だろう。矢口せんせいが存命で本当に良かった。
ちばあきお先生が生きていたらなあ・・・・・
(兄のてつや先生はお元気そうでなによりです)

あっ、そういえばユリッペ役の娘は本当に可愛かったぞ。
あの昭和っぽい品のある美少女は一体誰なのだ!

吹けよ風 呼べよ嵐

昨日、今日と、暴風である。

なんと、Fedexの貨物機が炎上した。
凄まじい映像だ。なにしろ折からの強風である。ワンバウンドしてひっくり返った
ような恐怖映像だった。FX便はおもにMD11という機材を使っている。
搭載量がパッセンジャー機とは段違いだし、ひたすら貨物を詰め込むだけに
特化されている。それにしても脆弱な機材と云わざるを得ない。
ボーイング社からもっと立派なフレイター機を譲り受けたらいいのに。
そういえば危険品を快く積んでくれるのもFXだったなあ。
レベル5くらいのフラマブルやトクシックを積んでいたのかも知れないぞ。
毎日小物輸出に欠かせない身近なクーリエだけに、リアルな恐ろしさを
感じた。

一度、自分の担当案件貨物のHYU○DAIのコンテナが海上で炎上した事が
あった。勿論保険をかけていたのだが、こういった場合は荷主の共同海損という
手続きがおこなわれる。互いの貨物の損害を痛み分けしましょう、という事だ。
しかしまあ、それよりもなによりも、顧客へ説明にえらく難儀した記憶がある。

eddie.jpg

昨日の矢口先生のサイン会の模様がせんせいのオフィシャルサイトに
早速アップされていた。自分の阿呆面が晒されていないかチェックしたが、
セーフだった。ああいった場に写り込んでしまうことほどもののあはれは無い。

サイン会もさることながら、その後に矢口せんせいのトークショウが
素晴らしかった。(この有り難いお話の間中、連れの友は熟睡していた)
最後の方にせんせいとファンとの質疑応答がおこなわれたのだが、

"三平くん誕生日はいつですか?お祝いをしたいので・・・"。

質問者は立派に成人したおとなである。
熟睡していた友がたまげて目を覚ました。
その後も、激しくどうでもいいような質問が続いた。
どんなにくだらない質問であっても、先生は話を膨らませながらきっちり
誠意あるお答えをしていた。私は感動でいまにも落涙するところであった。
そんな風だから、質問もされていないのに先生はさりげなくどえらい事を喋り始めた。

"三平くんのお父さんは映画では死んでいて、漫画では行方不明ですけど、
これから先、三平くんのお父さんの話を描くつもりはありません"。

・・・・・こういう思い切った"描きません"宣言は気持ちが良いね。
さすが天然、世紀のハンサムボーイだ。清々しすぎる。

ふと思ったのだが、普段、何の興味もわかない映画の宣伝をTVなどで観て、
"こんなの誰が観るんだよwwwwwwww"と爆笑することがある。

多分、みなさんの中で、"釣りキチ三平"はその類だろうと思う。


はっきり云うが、ファミリー向けじゃないよ。家族で観て誰かひとり寝ずに
起き続けて観ることが出来たならば惜しみない拍手を贈ろうではないか。

2009年3月25日

I didn't get there I am today

ジョニーがぺっとしょっぷボーイズと共演した作品は数々あれど、
私のいっとうお気に入りは本日随想タイトル曲だ。
これは、シングル、フランボヤントのB面である。
抑揚のあまりないフラットな曲だが、あの淀みない感じが私の好きな
マーであると改めて思えるのだ。

さてもペットショプヴィーイズ(云えてない)の新譜です。
ジョニーは3曲目のビューリホー・ピーポーと4曲目のDid You See Me
Coming?にギターで参加、そして9曲目にはハモニカでも参加しています。

ジョニーの演奏はおいといて、1曲目のラブ・エトセトラという曲がすんばらしい
です。彼らはいまだにこんな曲が作れるんだね、凄いなあ。
私が中学生だったころから現役ですよ、どえらい事です。

"心が病んだり荒んだりしているれんじゅうはみんなペットショップボーイズを
聴くべきじゃあないかな"。

云々、ありがちなコメントのひとつも云いたくなるようなアルバムです。

(つづく)

kingratman.jpg

昨日は会社で、ずっとWBCの結果が気になって仕様がなかった。
なにしろ9回で同点になって負けパターン一色だったので、延長10回での
イチローの活躍は神掛かって見えたよ。これまでダメローとかゴロローとか云って
ごめんさない。

kingratman.jpg

チャロが終わった。英語は全然上達しなかったけど、一年間楽しかった。
最後に佐藤先生が、チャロが物語の冒頭でピックアップトラックに飛び乗り
英語の世界で迷子になる様子は、英語勉強へ旅立つみなさんと同じですね、
などと云って綺麗に締めていた。確かに!私は大きくうなずいた。
英語修練に最も大切なもの、それは迷子。けだし名言だね。

2009年3月26日

死して屍拾う者なし

NHKで先刻観たシルバーバックのドキュメンタリがいい番組過ぎて泣けた。
この間のシャチのルナも良かったが、ラストが"人間に関わるとろくなことに
ならない"という最たる見本例だったので、今回の山際先生は、つかず離れずの
距離感が素晴らしいと思った。彼は"愛は霧の彼方に"で有名な晩年のダイアン・
フォッシーに師事していたらしいが、時として過激な彼女のマウンテンゴリラ
保護法を反面教師にしたそうだ。

ボノボだのゴリラを観ていると心が和むね。
人間並みに多様化しているとは云え、あの保たれた群れの秩序たるやもう
人間界の及ぶところではないよ。

秩序と云えば、最近のニューズでびっくらこいたのが、激混みの埼京線で
携帯ゲームをし、女性に注意された若者が逆ギレして女性の顎の骨を
粉砕するまで殴打したという事件だ。

事の発端はこうだ。
スシ詰めの朝の埼京線でゲームに夢中な若者(サラリーマン・21歳)の
ゲーム機や腕が女性(50代)の頭などのあたるため、女性が振り返った所、
若者が"なんだよ?"と威嚇してきたので、女性が"迷惑ですよ"と注意した。
若者は脊髄反射でキレて"うるせえ"などと喚きながら女性をタコ殴りに
したという。周囲の乗客に取り押さえられて降車させられたが、駅の事務所で
係員をまたしても殴打した。

というのが全容です。

もう脳に欠陥があるとしか思えない。

こういう人間は増えゆくばかりで、減る望みはゼロだろう。
私は、日本が全野獣化する前に死にたい。


と、失望しているだけでは仕様がないので提案がある。

通勤ラッシュの電車内というのは、想像を絶するカオスである。
現在の私は自宅最寄り駅から10分ほどしか乗車しない場所に勤務しており、
そのストレスから解放されている。事故があっても殆ど無関係だ。
その効果は絶大で、人柄が変わったように穏やかになったと自分でも思う。
(しかしまあいつ何時また長時間電車に揺られる日が来ないとも云いきれないが)
いずれにしても、電車通勤をしている人ならその苦痛話には枚挙に暇が無い
はずであろう。

女性専用車両が登場して幾久しい今、もっと車両をカテゴライズしてしまっては
どうか。

1.ゲーマー専用。ゲーム音出し放題。"よっしゃああああああ!!!!"だのの
掛け声もオッケー。

2.化粧女と香水女専用。臭さと粉っぽさ万歳。これら女臭いのが好きなおやじも
大歓迎。

3.新聞広げおやじ専用。バサバサと混んでいようと居まいとお構いなしの
新聞広げおやじどもがその広げ技を競う。新聞の匂い大好きっこもオッケー。

4.ものを食う人専用。ポテチやパン、惣菜など心おきなく食べ放題。
揚げ物や弁当もオッケー!

5.痴漢されたい人専用。痴漢したい人用では供給が足りないため、されたい人用
をまず作る。私は一定数居ると踏んでいる。ピンク映画好きもこの車両へ。

6.音楽専用。音漏れし放題。私は電車内では蚊の鳴くような音でしか聴いて
いないが、甘んじてここに押し込まれよう。

これで迷惑な人間はほぼ隔離されるはずだ。

詳細に分けてしまったが、本当は、

"人間専用 と けだもの専用"

で、事足りる。

spjmsm.jpg

吉井の新譜が凄い。

吉井吉井吉井。前作がいまいちだったので殊更感動している。

まずコンパクトな内容。10曲しか収録されていない。
しかも、5曲目からは全て神曲である。
先行シングルのビルマニアはウィークエンダーみたいな曲だが疾走感が増しており
グレードアップ・ウィークエンダーという感じだし、ワンデーはイエローモンキー
時代のファザーに似ているが、私はファザーは好きではなく、ワンデーは大好き。
グレードアップ・ファザーというわけだ。

しかしなんと云っても、ヘブンリーとまたチャンダラーだろうな。
特にまたチャンダラーは吉井史上ベストに属するな。あれこそ吉井だよ。
くそう・・・・・もう・・・・吉井め・・・・・・・

2009年3月28日

マイうろこブック

兎に角起きていられない。
夕べもMステでオア煤(ザック居ません)を観ようと思い、我慢して二時間
観ていたが力尽きて眠り込んでしまった。コナン対ルパンも見逃した。
クローズゼロも見逃した。

とりあえずYoutubeでオア煤出演シーンは観てみたが、やっぱり
曲と声がだめで途中で止めました。(兄の声はまだいけるんだが)

いやあオア煤凄いね。ホカイドーから名古屋まで行ったんだね。
なして福岡スキップしたんだべ?!
もしジョニーがホカイドーから九州までツアーしたら旅行感覚で
観に行きたいなあ。各地のグルメに舌鼓を打ったり、温泉に入ったり・・・・・・

(旅行行きたいだけちゃうんかと)

そういえば兄の方のブログでネタにされているファンの女子ですが、
もうこんなことをネタにされた日にゃ(悶絶略

ご存じない方のために記しますと、オア煤兄の熱狂的なファンと思しき女子が
兄日本到着からずっと"NOEL OR DIE"と書いたプラカードを持って彼を
つけ回しており、兄はその書かれた文字の意味を聞いたそうだが、彼女は
兄の質問を理解できたのか出来ないのか不明なリアクションをしたそうで、
兄はその顛末を自身のブログに綴った、というわけだ。

たしかに、NOEL OR DIE。意味は通じまい。
が、私にはなんとなくその心意気が伝わってきたぞ。
きっと日本人だからだ。英語を母国語としない日本人だからだ。

こうした"心意気"に対して、私はその女子に敬意を払おう。
(つけ回す労力も私にはありませんし)

しかしブログのネタにされるのは勘弁ですね。中にはネタにされたいマゾファンも
居るかも知らんが、私は死んでもごめんです。

About 2009年3月

2009年3月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。