« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月 アーカイブ

2010年9月 4日

ぢ・ユニバーサル

damon0.jpg

ザ・ユニバーサル?
最近は続くのが母音でもジでもザでもいいみたいですね。
このPVの中で野郎ふたり組がいちゃりいちゃりしているんですが、
片方がなにか耳元で囁いたらそれを聴いたもう片方が愕然としています。
一体なにを云われたんでしょうか。(その後にキッスしているしなあ)

意欲的な取り組み・・・・・・・似ていなくもないよね。
ああ、ブラーはいつ聴いてもいいなあ・・・・・チャレンジングだし革新的だよ。
マンネリとは無縁の音楽よ。2003年サマソニの退散事件が悔やまれる・・・・・

(てかデーモンかよこの絵!という突っ込みがこの辺で入るわけですね)

ところで、リーズとレディングのお写真がNMEのサイトにアップされていますが、
ジョニーじゃしん少ないですねえ。どこかにとんずらしていたんでしょうか。
モデストマウスのリバプールアカデミーのショウを(単独で?)観に行ったようですが
そっち写真の方が観たいんだよ、ぼかあ。

2010年9月 5日

poodle-cuts

ブリティッシュミュージックシーン暗黒時代に於いても、
ジョニーのギターは決して消えない灯りであった・・・・

などと始まるトータル・ギター・マガジン2010年10月号ですが、
おもにメタラー御用達雑誌なせいか(ラヂヲ頭表紙の時もあるが)
云い廻しが大仰で笑える。インタビューはいきなりジョニーのため息から、
"ポップミュージックはアートさがまるでなくて加工品って感じになっちゃった。
ロックっていうのはさ、妙技でタフでコードチェンジなどのとっぴさが潜んで
いたものだったのに・・・僕はちまたに溢れるプードルカッツを全て消去しようと
していて、スミスっていうのは、その、ひとつの反抗だったんだ"。

うむ、そうだったのか。というか、Poodle-cutsってなに(笑)。
ニュージョニー厭味語にも相変わらず笑わせてもらえそうです。
ジョニーモデルのジャギュアーもテスト段階のようですが、かなり自信満々です。
"いまだに僕のギターっていったらリッケンバッカーだなんて、そいつは15年も
僕のプレイを聴いてない"って云っている(笑)。おっしゃる通り。

日本に入荷して来るのは早くとも1週間後くらいですから、現物入手は気長に
待ちましょう。

しかし日本で(フジで?)ツアーバスに打ち付けて痛めた肘は心配ですね。
クリブスが2年間休業だとてジョニー自身はご多忙であろう。
こうして、"2年間は休みます"と宣言してもらえるとジョニーも他の仕事が
やりやすいだろうな。モデストマウスはダラダラダラダラダラダラ巡業を
おこなっていたので、ジョニーも"このバンド辞めます。他のこともしたいし"と
宣言し辛かったのかも知れない。ツアーしながら曲作りは出来るかも知れないが、
レコーディングはそうはゆかない。

しばらくすると、クリブスもモデストマウスの"No One's First"的な
"ジョニー共作最終EP"をリリースするかも知れない。

2010年9月 7日

クリーミーマミ

9月になっても日傘が手放せない。
しかし男性の日傘がブーム!とマスゴミが騒いでいるが嘘だろう。
男性が日傘をさしているのをただのひとりも観たことないぞ。
まったくマスゴミの捏造ブームと云ったら、一連の胡散臭い韓流ブームで
一気にからくりがばれたではないか。まあ大衆も易々と扇動されなく
なってきたのは喜ばしい限りである。情報弱者層(偏向溢るるTVや新聞でしか
情報を得ない層)が淘汰されてきたか一般のネットリテラシーが飛躍的に
向上してきた証だろう。

koboshi.jpg

NHKの10時のドラマが、内野聖陽が未来からやってくる上戸彩の夫、
という設定なのだが、実際にこのような怪しい人物に喋りかけられたら
警察に速攻行くよね。

私は、知的障害であろう某青年につきまとわれてもう数年だ。
近頃はバスにまで乗り込んできて"◎Xさんのお母さんですか?"と
訊ね、また、バス停前で待ち伏せするようになったので、私はその駅を
使えなくなった。一つ手前の駅で降りている。

この間、いつも駅で降りたら早速"○●さんのお母さんですか"と訊ねようと私を
待ち伏せしている彼が居たので、わざと目の前まで行き、踵を返して
コンビニに入った。すると、コンビニについてきたので、これは交番
(5メートルくらい先)におびき出せるかも、と誘ったのだが、交番前で仁王立ちする
私を追っては来ず、何処へ行ったのだろう?と思ってバス停に近づくと、
コンビニ前で直立不動な彼と目があった。そのままバスに乗ったが、今度は彼は
バスに乗り込んでは来なかった。

コンビニにはついてきた彼が、何故、交番にはついてこなかったのか。

このことを潤(弟)に話すと、そいつは本当に知的障害者なのか?と
訝しんでいた。毎回同じ事を訊ね、返事さえすれば大人しく去っていく
(昨今は"肩をもみましょうか"とか"ぼく帰るけどいい?"等怪しい発言も
するようになったが)彼は、どう考えたって知的障害者に決まっていると
思いこんでいた。(目つきもまさにそれのもの)確かに知的障害者を装った
新手のストーカーの可能性もある。しかし私は、知的障害者にマジレスしても
無意味と思い、適当にあしらっていたらひとつ駅を使えなくなっていた。
適当にあしらって、などと書いてはいるが、実際は相当な恐怖であり
精神的苦痛であったことをここに告白しておく。遠回りして帰宅せねばならず
大変理不尽な話ではあるが、心の平穏の方を優先する。

前職の時からもバス停は変わっているわけで、それを彼は突き止めた。
いつ、この駅も突き止められるか解らない。その時は現行犯でなくとも
警察に行こうと思う。

それにしてもこういった類の輩にしか追いかけられない我が身がペソスで
泣けてくる。まともな男性に追っかけられたい・・・・・・・・トホホ。

2010年9月 8日

スローなブギにしてくれ

私は奥さんよ
みんなピカピカにしてあげる
でもそのキンキラが私の人生を塵にしちゃうの
昼下がりの涙で錆びちゃうの
ガランガラン、金物を金物でこすって
出来るものと云ったら火花くらいのもの
ロボットみたいよね
私は主婦よ
あなただけが私の生きる世界なの

ryan.jpg

ハウスワイフの7インチが届いた。
裏に歌詞が書いてあった。
上記のように訳してみました。

主婦舐めんな!!!!

という苦情が来ないんでしょうか。
いや、主婦じゃなくても鍋は洗うよスチールウールで(笑)。
そういえば最近は専業主婦希望の女子が多いとのデータが出ていますが
不況で有名大卒でも5人に1人は内定ゼロ、という世知辛い世の中だから
でしょうか。男女共同参画なんて云ってるからこういうことになる。
女子は若い内にベターハーフを見つけて可愛い子供を沢山産み育てて下さい。

2010年9月14日

スベラーズ

谷啓さんが亡くなった。
この際、美の壺一挙放送とかやって欲しい。
まさおも悪くはないんだが、こう、粋で軽妙洒脱な感じが
谷啓に遠く及ばない。

数ある谷啓の演じた役で、私がいっとう印象深いのが
世紀末の詩(野島伸司脚本の98年くらいのファンタジードラマ)のホームレスだ。
そのあらすじはだいたいこういったものである。

谷啓演ずるある男は生きる意味を持たず、虚無状態でホームレスをしていたが、
ある日、いつものように残飯を漁っていると捨て子を見つけた。
無邪気に笑う赤子に何故かこころ癒され、天命を受けた気がして赤子を
連れ帰り、その後は一所懸命に働く。子は羽夢と名付けられ立派に成長し、
心美しく成績も良い。ただ、男子として育てられたのだが実は女子であった。
絵に描いたような優等生なため、やっかむ男子れんじゅうの恰好のいじめの
対象になっており、谷啓特製日の丸弁当を取り上げられて"戦時中じゃ
あるめえしよwwwwwwww"などと笑われている所に教授(山崎努)がやってきて、
"お前ら戦争知ってるのか"といじめっこを叱責する。その夜、一尾のめざしを
仲良く分け合う男(谷啓)と羽夢。貧しさをわびる男に、貧しさの中にこそ本当の
幸せがあるのだと云う羽夢。親子の間に裸電球が揺れている。
ある日、ひとりの代議士(布施博)が秘書(知らない俳優)を連れてやってきた。
羽夢の実の父だと云うのだ。当時の恋人との間に出来た子供だが、
政治的有力者の娘との縁談があり認知せずに捨ててしまった。しかし嫁は
子が産めないので返して欲しいという申し出をする。いまや羽夢が生き甲斐で
ある男(谷啓)は一も二もなく追い返すが、羽夢の今後のことを思うと心が揺れる。
そんな時、学年テストで羽夢が満点でトップになる。いじめっこれんじゅうは早速
校舎裏で彼(彼女)を取り囲む。持ち物検査しようぜwwwwなどといじめっこらが
羽夢の鞄を漁ると、綺麗なピンクのリボンが出てきた。するとまた教授(山崎努)が
やってきて、"お前らの時代は価値観の無いバーチャルな世界だ"と叱責。
しかしいじめっこの一人はハサミを取り出し、仲間は恐れをなして皆逃げた。
教授は"その刃先はいずれおのれに向かうぞ"と忠告するがいじめっこは我を忘れ
ついに羽夢を刺してしまう。傷は深く、輸血のための血が足りない。羽夢の血は
特殊な型だったのだ。野亜(竹野内豊)や里美先生(木村佳乃)に諭され、
男(谷啓)はとうとう実の父親である代議士(布施博)に助けを求める。代議士は
1億の小切手を渡し、これでもう二度と彼女に会わないで欲しいと頼む。
代議士の血で助かった羽夢の入院する部屋にやってくる男と代議士。男は羽夢に、
彼が実の父親だと云い、これからは彼と一緒に暮らすんだと告げる。羽夢は
涙を流し"嘘だよね。お父さん、嘘を云っているんだろう?貧しくたって、あんなに
楽しかったじゃないか"と男を責める。男は吹っ切るように、"ガキのお守りはもう
沢山なんだよ!"と吐き捨てて病室を出て行く。外に出ると、そこには教授がおり、
男は"一杯付き合ってもらえませんかね"と誘う。教授は、"駅前に、若い子が
居るキャバレーがある"と返事をする。数日後、綺麗な白いワンピースを身に纏った
羽夢がかつて育ての父と暮らしたアパートを訪れるが、そこに男の姿はない。
男は残飯を漁るホームレスの生活に戻り、雑踏行き交う都会の片隅の
ダンボールハウスに横になっている。ミア(坂井真紀)の飼っていた鳩の箱の
底にはビリビリに破かれた1億円の小切手があった。おわり。

ご静聴有難う御座いました。

ちなみに谷啓さんは自宅の階段から落ち、脳挫傷で亡くなった。
中島らもや塩沢兼人などと同じである。自宅には危険が一杯だ。
皆様も十分にお気をつけて日々過ごされますよう。

2010年9月16日

富 墓林

いつも見守るだけの日銀が、ようやく為替介入し少しだけ円が安くなった。
しかし、継続しない限りはあっという間に元通りになるだろう。
ポンドがお安くて(129円とか)、やたらブリティッシュブランドものを
購入してしまった。化粧品も激安です。店舗でBAをからかうのは好きだが、
もはやドメブラ以外を国内で購入する意味がない。
まあ冬のコートを買うまでポンドは安くキープして欲しい。

そういえば、いっとう音楽系洋雑誌が充実していた新宿タワーの
コーナーが縮小し、なにもかもが減った。酷すぎる。これから洋雑誌をどこで
入手すればええねん・・・・数寄屋橋と渋谷のHMVも閉店したしなあ。
洋バンドファンは受難の時代である。そんな寂しいニッポンであるが、
NHKの洋楽倶楽部80ズがレギュラー番組化したようだ。
過去2回の放送はたまたま観た。(本当に偶然やっていたのを観たのだ)
メジャーどころしか放送しないのが不満だが、スターレス高嶋とゲストの
コントが寒くて笑えた。放送されたものは、本当に、当時MTVで死ぬほど観た
PVばかり。特に好きじゃないものでも、当時を思い起こさせて幸せな気分に
なれる。空白の時代などでは決してなかった80年代、どれだけ革新的で
衝撃的な時代だったか、どれだけ自分はハッピーだったのかを思い出して、

泣ける。

80年代とか一切関係無いみなも観ると良いよ。

2010年9月18日

タップリプリンドロドロシテル

今日は一日気分が良かった。
何故かと云うと、朝っぱらから、カーカスのTシャッツを来た男子を
見かけたからである。この東京都最西部極地でカーカスのTシャッツ
男子にお目にかかれるとは・・・・まじまじとTシャッツを見るに、

carcassT.jpg

このような顔Tであった。
左から時計回りに、ビル(スティアー)、マイケル(アモット)、ケン(オーウェン)、
そして手前がジェフ(ウォーカー)である。これは後ろの絵柄であるが、
残念ながら前の絵柄は見ることが出来ませんでした。
このゴールデンメンツからして、たぶんハートワークリリース時のものだろう。
いいなあこのTシャッツ・・・マニクスのギグに着ていきたいよ。

所で今TVKで伊藤(政則)ちゃんのROCK CITYを観ているのですけれど、
つくづく、伊藤ちゃんは歳を取らないなあ。カーカスがゲストの時のメタルディスコ
(ツバキが伊勢丹裏から東亜会館に移った頃)で抽選でポスターを当てた際、
伊藤ちゃんに"わあ、いいのが当たったねえ"と云われて、"カーカスたくさん
かけてくださいね"とお願いし、"よっしゃ"と返事してくれたあの笑顔が
忘れられない。(カーカス握手会でのビルの手の柔らかさと綺麗なかんばせも
忘れられないが)

それにしても、上の絵は禅画的に会心の作だと思う。

2010年9月22日

through the never

若年層ホームレス救済のため、ジョニーがソロシングルをリリースする。

オリジナル曲がようつべにありましたので、貼っておきますね。

Tendency To Be Free

バイカームービーwwwwwwwwwww

イージーライダーの劣化版?よくもまあこれをカバーしようと思ったものだ。
いつもながらこういうジョニーのセンスにはシャッポを脱ぐね。さすが。
いや、たぶん、このださいのが物凄く恰好良くなっちゃって、漢臭さ、
マッチョさなど綺麗さっぱり取り除かれて、弱々になっちゃっているのだと思うが。

詳細はニューズページでどうぞ。

DLリリースのみのようですが、フェアシェアミュージックというサイトいいですね。
思わずマニクスの新譜をDL購入しようと思ってしまいました。
(アマゾンからまだ来ないもので)

しかし今までヒーラーズ名義のシングルリリースはあっても、マーソロ(個人)での
リリースは初めてなのではないでしょうか。(バックは兄弟だったりして・・・・・)
アート関連のチャリティをしてみたり、相変わらずのご多忙っぷりですが、
ここらへんのイギリス人は、ある程度の年を経て社会的地位を築くと、
チャリティに精を出さなければならないという義務感がみなぎっていますね。
出演者のギャラ数億の黄色いTシャッツ日テレ24時間テレビや、
死ぬ死ぬ詐欺の横行、偽ユニセフ(日本ユニセフ)がはびこる日本では、
なかなかチャリティの精神が根付かない。恥ずかしいことですね。

2010年9月25日

the thing that should not be

明日(今日)はメタリカのライブ・・・・興奮で眠れない。
ただいまファースト(血染めのハンマー)から聴き直し中です。
アナログしか所有していないので、カセットテープで聴いています。
高校時代を思い出して泣けて来ます。ああ友(YOU)&愛(I)。(現エイ◎ックス)
全てリマスターが新しく出るので(今日発売)物販で買ってしまいそうです。

The Four Horsemen・・・・これ演られたら死ぬ。
No Remorse・・・・・これ演られたら死ぬ。
Seek & Destroy・・・・・これ演(略

んもう、この頃は本当に可愛かったな。

Creeping Death・・・・・・最近はあまり演奏しないらしいが、頼む。
Call Of Ktulu・・・・・・意味解らないのにクトゥルフ神話にはまったな。
ORION・・・・・・・たまねぎじゃないよオライオンだよ。クリフ・・・・・・

クリフ・・・・・・・・

cliff0.jpg

(なんかシマあつこみたいな画風になったな)

2010年9月26日

振ってない頭を振れ

メタリカは、近年稀に見る豪華なセットだった。
パイロや花火は惜しみなく大爆発だし、ステージも二階建て。
代々木オリンピックプールでもサマソニでもそんなのは無かったぞ。
たまアリだからやれた事だろう。すげいなあ。スタンド席にも炎の熱さが
伝わってきました。後でセットを確認したら18曲演奏していた。
全く一瞬の出来事だった。

素晴らしすぎて。

アンカウンタブルなほど沢山のバンドのギグを観てきたけれど、
メタリカは別格過ぎる。比べては他バンドが気の毒というものである。

合唱も掛け合いも申し分なくみんな頑張っていて盛り上がった。
ジェイミーのお客さんをやる気にさせるフロントマンぶりも相変わらずで
言葉も分かりやすく喋ってくれる。(前座のフィアファクトリーのシンガーは
どこの田舎者よ?というくらいに訛っていて聞き取りづらかった)
偉そうな物言いは全くなく、いつもファンを気分良くさせる。

"メタリカがなんでここにいるかって?きみらを楽しませるためだけに、さ"!
"メタリカはね、きみらが気分最高ならメタリカも最高なんだぜ"!
"メタリカはいつもファンのために存在するのさ♥"!
"きみらの顔を観ていたいんだ・・・・灯りをつけてくれ"!

もう、おまえら大好き♥、ラブメタリカファン♥という感じ・・・・・
まさにメタリカファミリー創造主。

ダイアモンドヘッドのカバー、"Am I Evil?"の前には、
"この曲は俺たちがまだ楽器に触れたくらいの頃の曲なんだけど・・・"と
云っていた。この曲が収録されているカバー集、ガレージデイズ
(リリビジテド)のアナログレコードをいまだに持っている。
当時メタリカクイズというペーパーテストがついてきて、答えを書いて
レコ社に送り、満点だとジャケ写のメタリカ下敷きがもらえた。(黄色)
これを高校時代ずっと使っていた。

しかし、ひとつだけ気になったのは、ヘッドバンギングをするものがあまり
居なかったという事だ。何故だろう。メタリカは当時、"Bang That Head
Doesn't Bang"というスローガンを掲げているほどヘドバンバンド
だったというのに・・・・・。かつてメタラーといえば、中野サンプラザや
渋谷公会堂、NHKホール、五反田簡易保険ホール、新宿厚生年金会館などで
(椅子席)前の椅子の背もたれに手をおいて一心不乱にベッドバンギングし、
ふと顔を上げると一糸乱れぬリズムでみなが頭を振っていていたもの
だったが・・・・・。(私はバンドが見えないのが厭で50パーくらいはバンドを
観ていましたけど)もしかして、私の知らない間にヘドバンカルチャーが
すっかり衰退してしまったのだろうか。ちらほらヘドバンしている輩は居ても、
やり方がなっていなくて、なにか違う・・・・・おったまげました。
多様なファンを獲得しているメタリカだからかも知れませんが。
それにしても昔の純粋なスラッシュメタルだった時代の曲くらいはまともに
ヘッドバンギング出来るように練習して欲しいです。

セットリスト(9月25日2010年)

Creeping Death (のっけから(笑)。お客さん大狂乱)
For Whom The Bell Tolls (大合唱)
Fuel (ぎみふゅーぎみふぁーぎみだびじゃびざー!う!)
Harvester Of Sorrow (アンドジャスティスフォーオールからヘヴィな曲を)
Fade To Black (涙・・・・美しい)
That Was Just Your Life (デスマグからの曲。なかなか良い曲)
The End Of The Line (デスマグの大曲)
Sad But True (ヘヴィ大好きな貴兄に贈ります!とジェイミーが云ってました)
The Day That Never Comes (デスマグ曲)
Broken, Beat & Scarred (メタリカとファンとの関係を歌ったんだよ、とジェイミー。
この曲でずっとスクリーンには最前列の人々の顔が晒されていました)
One (名曲中の名曲。パイロと花火が大爆発です!)
Master Of Puppets (名曲中の(略 本編のハイライト)
Blackened (バケツリレー、水よこせ)
Nothing Else Matters (バケツリレーの後に、カークのソロからしっとりと)
Enter Sandman (砂男の恐怖!ハイライトその2。お客さんの一体感は異常)
- - - - - - - -
Am I Evil? (ダイアモンドヘッドのカバー。カバー大好きメタリカです)
Whiplash (大人気の高速ナンバー)
Seek and Destroy(シンプルスリーワーズ。お客さんの興奮は頂点に)

行くまでと帰りが死ぬほど億劫なのだが、やっぱり行って良かったなあ。
バッテリーとファイトファイアウィズファイアが聴きたかったが。

最後の去り際も可愛かったな~。
"トキオドモアリガトファーッハッハー!"

さいたまはトキオじゃないんだがなー。

グレアム・コクスンはもうめがねをかけない

メタリカの予習は一夜漬けで(だいたい予習など不要)、普段はこのところ
ずっとグレアム・コクスンの去年出たらしいザ・スピニング・トップ(と、
ロビン・ヒッチコックの新譜プロペラタイム)を聴いていた。

私はライナーはもとより読まんし、なんの予備知識も入れずアルバムを
聴くので、後で知った事実は全く知らなかった。

あれ?ロビンの方だっけ?グレアムだっけ?・・・バート・ヤンシュだっけ。

などと混乱しながら聴いていた。
グレアムのやつなんでロビンみたいに歌ってんの(笑)?
というかこれフォークじゃん。バッキングがやたらペンタングルぽくないか?

!!!どうしたグレアム!!!

なにが起こっているのか?ようやく調べたら、ロビンはもとより、
ダニー・トンプソンも参加していた。おったまげ。そりゃそうなるわい。
本当はバートにも参加して欲しかったんだろうね(笑)。
よく観たら中ジャケに写真もあったよ・・・・・絵は色塗りを失敗したセル画
みたいだが(こんな塗り方じゃコンバトラーVのセル彩色バイトをしていた
ミユキさんに叱られるぞ)。

ブリティッシュサイケ・フォークマニアにとっては豪華なゲストで制作された
らしき今作ですが、やはり変態ぽさが隠しきれずに随所に出ていて、
キ◎ガイ度が減った印象は受けない。むしろ真性キチ◎イとしての凄みが
加わり、ますます私は彼が怖くて怖くてたまらない。目の前に出たら
"出たーーーーーっ"と云ってしまうだろう。
カスピアン・シーなんかすげいぞ!!!!!
こんな曲はリアルキチガ◎しか書けない。
しかしなにより、グレアムとロビンの声が似ているという発見に驚いた。

もうブラー要らないよね。

(こういう立派な楽曲を聴くと、無性にI Don't Wanna Go Out的な曲が
恋しくなるなあ)

graham2-b.jpg

また禅画的に会心の出来映え!!!

About 2010年9月

2010年9月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。