« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月 アーカイブ

2011年1月 3日

軽やかに

ちょっと前に新パソ1台のマザーボードを取り替え、正月早々、旧パソの電源が
壊れたので急遽近くのPCデポで購入して付け替えた。
私のパソは2台とも潤(弟)の自作であるが、彼はどこかが壊れた時のために
沢山のパソ部品をストックしている。電源も在庫にあったが、私の旧パソに
似つかわしくない最高級スペックとの事でPCデポへ行ったのだ。
(徒歩1分。つまり自宅の隣)

PCデポ等の店に行ってもネット価格と比べると1.5倍から2倍の値段である。
(故に普段、近所に店は数々あれどそこでは購入しない)
仕様が無く、某ソフ(略)やツ◎モ(略)で購入するより1000えんも高い値段で
買って帰った。

そんなこんなで正月休みも終わった。
明日からまた残業の日々だ。
そして、また就活を始めたい。みなさん、生きることは働くことです。

あけましておめでとう。

new.jpg

2011年1月12日

虎の穴への招待状

タイガーマスクというと、みなさんは誰を思い浮かべますか。
佐山サトルでしょうか。三沢光晴でしょうか。

伊達直人でしょうか。

ランドセルなど養護施設に寄贈している善意ある人々は、キザ兄ちゃんを
名乗っているが、アニメのタイガーマスクは到底チビっこなどにみせられるような
代物では断じてない。血みどろ残虐ファイト、放送禁止用語のオンパレードであり、
現代でもMXですら再放送してくれないもの。
(巨人の星は殆ど聞き取れない回があるにも関わらずバンバン再放送しているが)

最終回は涙なくしてはみられない。
特に、血みどろのマスクを胸に抱き、泣きながら笑う伊達直人、いや
笑いながら怒る竹中直人、もとい、富山敬の演技が秀逸である。

絵は、ルリ子先生の兄であり、ちびっこハウス園長の若月先生です。

wakatsukiteacher.jpg

2011年1月16日

ジャーマンメタル

毎日極寒ですが皆様は暖かく過ごされておりますでしょうか。
私の部屋は、14度しかありません。たいして高くもない鼻が冷え冷えです。
熱い鍋などに触れてしまったら、私の鼻に触りにくると良いです。
こうしてパソに文字を打つ指先も凍傷寸前です。

寒風吹きすさぶ中、最終日一日前にデューラー展に行ってきた。
なにしろ、今回は線画好きにはたまらないコレクションだった。
図録も購入し、時折眺めてはニヤリニヤリしている。
(細かいところがおもろいからね!)

durer.jpg

黙示録は芸大の方で終わってしまって残念だったが、マクシミリアンI世の凱旋門
などもなかなか(なかなかって・・・)見応え的には充分であろう。
私は特に肖像画コーナーが好きだ。偉い人はみんな胡散臭く描かれている。
基本的にみんな悪人ヅラなのだが、唯一、ウルリヒ・ファルンビューラーという
仲良しだった政府高官のおやじだけが凛々しく漢気溢れる恰好良さで描かれて
いる。彼がまたどえらくアイザックに似ているので笑ってしまった。
滑稽な農民描写も多く、そういった絵にはあまり人が群がっていないので
じっくりと見て笑えた。

そういえば、今回、お客さんが蟻の行列のように一列になっていたのが不気味
だった。展覧会やコレクションにはよく行く方だが、壁に沿って一列(決して
二列にはならない)にキューして絵を見ている光景を初めて目にしたので
たまげた。列に並ばないのは私だけで、蟻の隙間から覗くくらいでもよく見えた
のでこの方法で最後まで見た。版画はプチサイズのもあったが、小気味よく
移動出来た。しかし、"男湯"という版画に顔をひっつけるように凝視し微動だに
しない女子には参った。私が一回りしてもまだそこに居た(笑)。
ちなみに全然エロい絵ではない。ふんどし男(おやじ)5-6人が笛を吹いたり
ハープ弾いたりしています。

また、他の古典の展覧会と違って、なんだかやたらディスプレイというか外装が
凝っていて、これにもたまげた。オサレ過ぎるだろ?というくらいオサレだった。
一体どうしたんだ?!デューラー展のプロヂューシング本気出し過ぎ。

他、今開催中のコレクションで行きたいのがギッターコレクションだが
千葉って・・・・・。ギッターさんは貴重な禅画は全部持っていると云って
いいくらい。なんで東京でやらんのだ。

余談だが、あらゆるイベントにおける美術品の輸送は日通が全ておこなっている。
他の追従を許さないスペサルなノウハウをお持ちなのだそうだ。
国際ロジに関わる人間としては、そういう仕事を一度はやってみたい。

2011年1月19日

初通

皆様、極寒(略
私の部屋は(略
今日の歴史秘話・ヒストリア面白かったですね。
頼長の台記は大河ドラマでやるべき。

ジョニーのツウィッタ~が、読み切れないほど書き連ねてあって
笑った。饒舌になってきたなあ(笑)。
本来のぶしつけなKY具合が良く出てるね。
まあ半分くらいは意味が分からんけれども、あれはそういうものでしょう。
自伝を執筆中とか。得意の毒舌で埋め尽くされていて欲しい。
(謎のジョニー語は要らん)

lolla3.jpg

ひたすら刺身にタンポポを乗っける仕事は辛いが、現勤務地はランチに全く
困らないほど美味しいお店が充実してるのが嬉しい。
特に徒歩1分のイタリアンの店で、戯れに頼んだラザニアがおったまげな
美味さで、思わず店員さんに、"ラザニアすっっっっっごく美味しいですね!!!"
と云ってしまった。私は、うまいものや素晴らしいサービスに出会うと、賛辞を
贈らずにはおれないのだ。美女にも、すぐに"美女ですね!"と云ってしまうし、
ハンサムにも、"ハンサムですね"と云う。(これはあまり褒めていないが・・・)

そういえば友がこないだ、以前一緒に入った珈琲専門店でやたら長く
待たされたので私が大憤慨し、悪態をつき、かばんからペットボトル
など出して飲み出して"それだけはやめてくれ"と友が懇願したという話をした。
私はそんな出来事は全く覚えていない。しかし、やがて私がオーダーしたコーヒー
ゼリーが運ばれてき、そのあまりの美味しさに悶絶し一瞬でたいらげ、帰り際、
店主に"コーヒーゼリーとっっても美味しかったです!!"と頬を紅潮させながら
述べたそうだ。友は、その珈琲専門店のうまさを表現するのに、この私の逸話を
披露することにしている、と語った。

兎に角、そばのイタリアン店のラザニアは忘れられない美味しさです。
ただのラザニアじゃない。ボリュームとラグジュアリーさを兼ね備えている逸品。
ランチ1500円だがサラダと珈琲とガーリックトーストが付いているのでお得です。
(場所は内緒ですが・・・・・・)

あと、徒歩0.5分の某キッチンカフェも全メニュー美味すぎ。
あと、徒歩0.5分のインドカレー屋も安くてボリューミーで美味すぎ。
あと、徒歩1分の自然食カフェの定職もひじき美味すぎ。
あと、徒歩3分の本格バーガー屋(ちゃんとしたやつ)のポテトチップ美味すぎ。
あと、徒歩(略

画像が無くてすいません。(私は食べ物屋で写真撮影なんて出来ませんです)

明日は何を食おうまいかな。

2011年1月25日

路の上にあるもの

2003年の来日時に買いそびれたヒーラーズテーシャッツ(ブームスラング)を
イーベイで3.99ポンドで購入した(笑)。やっす(笑)!!
まだ在庫があるぽいので、私同様に買いそびれて後悔している方は是非どうぞ。

ryan.jpg

現勤務先の駅ではホームレスのおじさんがビッグ・イシューを販売していて、
私はよく買うのだが、今回のメイン読み物はなんと佐野史郎と鶴岡真弓の
対談である。ケルトヲタの私は真弓の著書はほぼ所有しているし、講演にも
足繁く通ったものである。彼らの対談は文化や芸術を絡めた精神論に及んでいた。
佐野史郎は定期的に小泉八雲の朗読会をしているとのことだが、
一緒にやっているのがキョージ・ヤマモトと知ってちょっと笑った。
史郎は、キョージ・ヤマモトと高校の同級生だったそうだ。
BOWWOW・・・・懐かしいね(笑)。

それにしてもビッグ・イシューという小冊子、そこいらの商業雑誌よりずっと面白い。
(上記のようにマニアックな対談も多いし)前号は世界名言いろはがるたみたいなの
が載っていて、私は読みながら泣いてしまった。自閉症の子の文章にも毎回
泣かされる。ホームレスのおじさんが人生相談に乗るページも面白い。
立派なことなど何ひとつ云うわけではないが、そこにはダイヤモンドみたいな
ものが隠れている。残念ながら世の中は不公平で不条理で不平等なわけ
ですが、しかしまた、絶対的に抗うことかなわぬ厳粛たる平等もある。
彼らが普段なにを考えているのかは到底解らないが、私はつい、ともに
享受すべき自然のこと色々を思って、今日も彼らと"おはようございます"と
挨拶をかわす。

最新号表紙はウィリアム王子であるが、ジョニーも支援しているセンターポイントの
後援者でもあるらしい。ホームレスと一緒に路上生活も経験したそうだ。
この話を聞いて何故か私は、20年間も京都五条の橋の下で乞食と寝食を
ともにし修行した大燈国師を思い出した。そういえば禅の高僧って常にブラブラ
していて、路上生活が基本なんだよね。

2011年1月30日

たわしvsプードル

トランスポーターを観ていて、ジェイスン・ステイサムってマイケル・スタイプに
似ているなあ、と思った。

koboshi.jpg 運動ニューズ

サッカーはニポン人チームがアジアカップとは云えオーストコリアに大いに
勝利した。一方、全豪オープン(タニス)は準々決勝でナダルが負け、準決勝で
フェデラーが負け、決勝戦はマーレイちゃんをジョコがストレートで下した。

(マーレイちゃん・・・・いつまでもへたれてないで、はやくGSタイトルを獲ってね)

しかしフェデラーが準決勝でジョコビッチにストレートで負けた時はたまげたなあ。
何度か彼には負けている(08年の全豪獲ったのもジョコだし)けど、ストレートってなあ。
技術面で劣らずとも、若者の持久力には敵わなくなってきているな・・・・

koboshi.jpg 春節で

仕事が暇になりつつある。なんと云っても、中国絡みの仕事が無くなると激減するのが
輸出業務。今週は定時で帰れそうだよ(泣)。なんとかみんなに賀状の返事を描きたい
ものだ!(旧正月ってことでね!)

About 2011年1月

2011年1月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。