« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月 アーカイブ

2011年3月 2日

出す出す詐欺再び

ジョニーがまたしてもソロアルバムリリースを仄めかしている。
(ニューズページ参照)いい加減にマジで出せ。と云いたい。
何度ファンを騙せば気が済むのだ。

まあ出す気があることはあるんだろう。
しかし具体的になにかしら決まってから云わないか?
18ヶ月に2枚っていうのがまた嘘臭い。

それよりもなによりも、クリブス新譜制作には参加するんだよね?
夏フェスにも出るんだよね?誰ぞのツイッターに"おれ、秋ぐらいにツアーするの"
って、"おれ"だけ?"おれたち"じゃあないの?!秋ってなに?!
クリブスじゃあだめっぽい楽曲をソロで出すんだよね?
自伝も著しているんだよね。忙しいんだよね。

などと激しく問いただしたい。

2011年3月12日

しぺするや

宮城、福島他東北被害甚大地域の被災者の方々にお見舞い申し上げます。
そして、皆様がご無事でありますように。

海外メディアはこぞって"地震大国日本"の冷静さを褒め称えている。
被害の全容はまだ未知数だが、確かに日本ほど常に地震・天災に備え
防災意識の高い民族も居ないだろう。子供の頃から避難訓練をおこたらない。

その時、私は職場におり、土申や月申のBKGにかかっていた。
いつもとは明らかに違う、永遠とも思えるほどの長い揺れに、船酔い状態に
なった。それでも、みなは大騒ぎすることもなく、業務を遂行していた。
絵に描いたような社畜である。私は"このメンツで心中とか絶対に厭だよね~"
となにげなく云ったら、職場中爆笑となっていた。

(本気なのだが・・・・・)

しかしそんな努力も虚しく、成田は閉鎖、勿論、その日の飛行機は15時以降
飛んでいない。

東京は震度5ほどだったらしいが、私の人生最大の揺れであった。
鉄道全線ストップなどという自体も初めてのことである。
支店のれんじゅうはオフィスに閉じこめられることとなった。
支店長は地デジTVを購入してオフィス内に設置した。
画面では津波被災地の悲惨さが伝えられていたが、人々はパニックにならず
マスゴミだけが過度に恐怖心を煽っている不快なニューズが何度も
放送されていた。

PM7:45に車で自宅を出た潤(弟)が私の職場に到着したのはPM10:45だった。
3時間かかっているが、帰りは1時間である。反対車線は微動だにしていなかった。
全て帰宅困難者を迎えにいく車両だろうか。渋滞を引き起こす要因に荷担して
しまい反省している。

帰宅すると、私個人の地獄・戦いが待っていた。
家族や自宅内はほぼノーダメージである。私の部屋だけが凄まじいことに
なっていた。つい最近、"漫画に埋もれて37歳死亡"という事故で、本人の
部屋にエロロリ漫画が散乱している死してなお恥ずかしい映像がTVで
流されたばかりである。私の場合は墨画の本と妖怪本、漫画、辞書、音楽ビデオ
(おもに昔の伊藤ちゃんの番組)、むかしのファッション誌、むかしの音楽誌、
そして大量の音源(CD、アナログ)である。スチール本棚がひしゃげ、それらが
全てぶちまけられた。まず部屋のドアが開かず、父と弟はひしゃげた本棚の裏の
ものをある程度取り除き、かろうじて人ひとり入れる隙間を作ってくれていた。
が、部屋に山積まれた本とものとCDを排除しなければ中に進むことは出来ない。
さらに、ベッドにぶちまけられたCD類、カセット類、MD類をなんとかせねば
睡眠することすら出来ない。

中に進むと、パソモニタとパソタワー(本体)2台は全くの無事である。
どうやらパソモニタ(ブラウン管・トリニトロン)が本体を守ったらしい。
液晶やノートじゃなくて良かった・・・・

なんとか寝られる状態になるまで4時間ほどかかった。
だが翌朝、透析に出かける父が私が廊下に放置したペンスタンドに指して
あったペン先でくるぶしを貫いて流血していた。

今も余震が続き、ニューズではショッキングな非現実的映像が続々と流れ、
被害者数・行方不明者数は倍増するばかりである。いかに日本の家屋が耐震や
免震に優れた建物であっても、自然のちからTSUNAMIの前にはどうすることも
出来ない。

マキヲ:このへんじゃどこがいっとう安全なのかね。
潤(弟):奥多摩じゃあないか。
マキヲ:ダムが決壊したらどうするの。
潤:はあ?小河内ダムの屈強さを知らないの?岩盤だぜ?

潤はかつて、小河内のダム底を歩く仕事をしていた。
その後、小河内ダムの凄さを延々と語られた。

2011年3月16日

防災おうめ

CMが全てAC・・・・さすがに飽いた。
今週あたまあたりからテレ東やMXは平常放送に戻った。

koboshi.jpg計画停電

今日は久々に出勤した。
久々、というのは、青梅線がまる二日間運休していたためである。
もう青梅線とバラしてしまうが、今朝は普通に動いていたので
安心していたら、計画停電のため立川発午後2時何分かのものが下り最終だった
らしい。忙しさのあまり"防災おうめ"からのメールをチェックしそこねたのだ。
計画停電に備え、オフィスは午後6:20でビルごと電気を落とすとのことで、
業務は強制的に終了となった。(偶然だがオフィスのある国分寺は青梅と同じ
スケジュールなのだ)

しかし、

私は拝島駅で降ろされ、仕様がないので既に100人ほど先客のあるタクシーの列に
並んだ。凄まじい寒風が吹きすさぶ中、1時間以上並び、ようやく車内に乗り込んだ。

タクシードライバー:停電で、もう真っ暗闇だよぉ~~
マキヲ:あ~、(福生あたり)このへんから始まってますね。
タクシードライバー:信号も真っ暗、狭い道は怖くって仕様がないよぉ~~
マキヲ:人も自転車も車もバラバラに走ってますね(笑)。
タクシードライバー:めちゃくちゃだよぉ~~怖いよぉ~~
マキヲ:まるでゴーストタウンですね。凄い・・・これはなかなか珍しい光景ですよ。
タクシードライバー:まいっちゃうよぉ~~原発も1号も2号も3号もぶっ壊れて
4号も5号も修理中だもの・・・・
マキヲ:蓄電出来ないから仕様がないですね。

などとタクシードライバーのおやっさんと軽いトークをしながら20分くらい走り、
我がマンション前に着いた。しかし、灯りの全くない、普段とは明らかに違う、
強風に晒された異様な巨大建造物に私は怯えた。

怖ぇ!!!戦慄病棟!!!

マンションのエントランスから階段の登り口まで(エレベータも当然止まってます)
恐怖の順路だった。"順路はこちら・・・・"と呼ばれているようだった。
8階登るまで、一段一段が肝試しのように恐ろしかった。私は必死で携帯電話の
灯りを足下に点そうとしたが、あまりの怖さに手元が狂い、キャメラボタンばかり
押してしまった。恐ろしいものが映っていると厭なのでその写真は絶対に
観ません!

鍵もなかなか開かず、焦りで余計鍵穴にビシっとキマってくれない。
やっと入った自宅も潤(弟)は既にぐうぐう寝ており、父の部屋も真っ暗闇で
心細さもマックスに達し、急いで部屋着に着替え、ベッドに潜り込んだら
電気がついた。いきなりトイレがゴボゴボと騒がしくなった。水道も止まっていたのだ。

タクシーのおやっさんも最後にこう云っていた。

電気って有り難いね。

ryan.jpg

そう書いている間にも、"防災おうめ"からメールが来た。

"明日の青梅線は、12時から19時まで立川-拝島間のみ運行"。

              !!いったいどうしろと!!

2011年3月20日

おはよウナギ

ともだち◎こ、でもいいのでは?

青梅市は土日とも計画停電がおこなわれていない。
まだ"防災おうめ"からのアナウンスはないが明日は実施されそうだ。
そもそも"防災おうめ"は街中に設置されたアナログスピーカーで、市内で火災
(枯れ草火災が多い)や地震などがあった時に随時アナウンスされるのだが、
聞こえ辛さに定評があり(健常者が喋っているように聞こえず途切れ途切れ、
全体的に意味不明)私はメール会員にもなっているのである。なぜ、"防災おうめ"は
ハキハキと滑舌の良いうぐいす嬢などにアナウンスさせないのか?長年の謎である。

ryan.jpg

ジョニーはツイッターを観るに、毎日元気そうである。
ソロアルバムはヒーラーズ名義であるっぽい。
たまに"え~そうなの?"てな発言が混じっていて侮れない。
ヒーラーズアルバム2枚こしらえ、今秋にはツアー。
18ヶ月というのはクリブズ活動休止期間に符合することはするのだが、
既にスタジオ入りする他兄弟らに混じらないのは、やっぱし変だよなあ。

ツイッターでは、クリブズについて訊ねるものが居ないのかなんなのか
全く話題に出ないな。

koboshi.jpg ワシントンレポート

今日は米共和党幹事長、ジョン・カイルがゲストだ。

・共和党は日本を支援し
 中国に毅然とした態度をとる
・共和党は中国に
 ものには限度がある事を知らせる
・共和党はロシアを甘やかさない

などと云っていた。解りやすすぎる(笑)。

"日高義樹のワシントンレポートが最終回"臭い・・・・
番組の16年を振り返る・・・・・好きな長寿番組が終わるのは寂しい。
いや、まだ最終回と決まったわけでは・・・・・・
嗚呼、スティーブ・ノバック(RIP)。パウエル、ラムズフェルド、チエイニー、
そしてキッシンジャー(18回出演)。

しかし日高さんのような人の活動がTVで放送されないとなると本当に残念である。

koboshi.jpg

と思っていたらただのリニューアルwwwwwwwwww
次回は4月29日(祝日)正午からだそうだ、良かった良かった。

2011年3月26日

メタボリズム

今日も"TAROの塔"は面白かった。

我が第3グループは今週末土日含む5日間停電が無い。
停電が無いと仕事がはかどる。
しかし真夏にも計画停電ありとの噂で乗り切れるか心配である。
23区内など政治的なちからが明らかに働いている地域も
あるらしいと聞くが・・・

lolla3.jpg

実は最近、今度の巨大地震CD棚大崩壊のこともあり、本命でないものは
DL購入している。DL購入は失敗感も無くプレイヤーにそのまま突っ込めて
置き場所も要らんしでたいそう便利なものだと知った。そこで、この間DL購入した
のがストロークスの新譜である。(5ポンドほどと激安)

まあ軽い気持ちで聴いたのもあるだろうが、思いがけず相当気に入ってしまった。
ストロークスはファーストはまごうことなき傑作だと思うが、セカンドは何度聴いても
凡作としか云いようがなく、また更に、私はこの新譜がサードアルバムだと
思っていたらばなんと4枚目と云うではないか。これは何があったのかサードもDL
購入せねばなるまい。

4枚目とされるストロークスの新譜は、色々な趣があって楽しい。
シンガーメイン作のものが極端に少なくなったらしいがそれが関係しているのかも
知らん。ストロークスのイメージを決定づけたファーストのような古くささも
残し、且つ、良い時代のオルタナ臭がして、私は大好きです。90年代のバンドは
多少なりともオルタナ臭が漂っていて欲しいものです。

他、DL購入したのはREMの新譜である。もともと苦手なREMであるが、DL購入
ならば痛みは少なかろうと聴いてみたのだ。苦手感は薄れたが、やっぱり特に
好くものじゃないな~と再認識した。
そしてバクシーンズのフルファーストアルバムもDL購入だ。
さらっと聴けて軽く焼いたカルメ焼きみたいなアルバムだったよ。

ずっと聴きっぱなしなのは依然としてラヂヲ頭新譜"キング・オブ・リムズ"と
アーケイドファイアの"サバーブズ"だ。この2アルバムは醸し出す雰囲気など
対極とも云えそうな内容だが、私の人生にエッセンシャルな2要素である。

4月はフー・ファイターズ新譜、吉井新譜が楽しみである。
(これらはちゃんと現物購入します)

2011年3月28日

ぼくのともだちフェスティバル

クリブスが5月21日、Friends Of Mine Festivalなるフェスに
ヘッドライナーとして出演するらしい。

しかし、このページの写真にはジョニーが居ないぞ。
ジョニーがちゃんと居る写真使ってよやだなあもう、ハッハッハ。
だいたい、マンチェスター人脈のフェスを謳っているなら尚更ジョニーが
でかでか写っていないとおかしい。サムナーたんもおるし。
(よく見たらスティーブン・モリスもおったし、マイク・ジョイスも・・・・・)

凄いラインナップですね。
ザ・ファーム・・・・(ペイジじゃない方)。まだ活動中だったんだ。
デーモン・ゴフ・・・・元気かな。
新旧マンチェ人大集合。マンチェスターVSキャンサーを思い出すね。

About 2011年3月

2011年3月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。