« 2011年6月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月 アーカイブ

2011年8月17日

Heart In A Cage

今年の夏も無事に終わった。

死にたい。

それは兎も角、アヂカンフェス、フジ、サマソニ、それぞれ至福でした。
(いや、アヂカンフェスは二度と行かない。アヂカンは許さない。絶対にだ)

未練がましくスウェードの去年のライブとか、ジュールズ倶楽部のストロークスとか
CSで見漁っては涙ぐむ情緒不安定な毎日です。

フジも(グリフ、サニーデイ、トッド・ラングレン、ロンセク、ウィルコ等観たものは全て)
良かったんですが、サマソニのフレンドリー・ファイアズの衝撃が凄まじくて
後遺症が大きい。とりあえずCSのフジ・サマソニ放送を楽しみに生きて行こう。
(アヂカンはイラネ)

(つづく)

2011年8月22日

ビューリホー・ワン

ミュージックエアで放送されたスウェードのライブは
ティーネイジ・キャンサー・トラスト主催で、ロイヤル・エリザベス・ホール
でのものだったが、今ツアーはだいたい同じようなセットになっている。
アスファルトワールドを演っていたのは、実に羨ましい限りだが。

しかし、思い出すにサマソニでのスウェードの盛り上がりたるや凄まじかった。
誰の汗か解らんがびしょびしょになりました。(まあ自分の汗か・・・・・)
かなり前方で観ていたのですが、ブレットがステージを降りてくるたびに
べちゃべちゃと他人の汗がくっついて(略
もう降りてこないでーーーーーー!!!と内心思いました。
私の周りの男子ファンが皆やたらと艶めかしいオカマっぽいのばかりで
密かにウォッチしていたのですが、もうブレットが来るたびに、
"イヤアアアーアアア~~♥ブレットォォオオオォォ!!!"
なんて黄色い声をあげていました。可愛いね(嘘)。

レッチリ蹴って観て良かったなあ。
レッチリは死ぬほど観てるし、しかもギターはぢょんじゃないしな。

スウェードでいまだに弾けられるおのれにも密かにたまげた次第です。

(つづく)

2011年8月26日

まゆげ兄

下の随想の、クイーンエリザベスホールとロイヤルアルバートホールが
混じってるな・・・。(正解はロイヤルアルバートホールでした)
申し訳ないです。

所で、最近、オア煤兄のソロシングル、"The Death Of You And Me"が
気に入ってしまいヘヴィローテーションしている。
この曲はなかなかに佳い曲。いやあ、オア煤には違いないのだろうけど、
(こうするとこんなに良くなるのか)と思ってしまった。
"こうする"ってのは、要するに(略

ただ、なんとなく、近々発売のアルバムを全部聴いても、佳曲が上記の
"The Death of~"だけのような厭な予感がすることも確かである。
それにオア煤ファンはカップリング曲の方が好もしく思っているのじゃあ
ないか?私はこのカップリング曲は何度聴いても好きになれなひが。

・・・しかしこう何度も聴いていると、詞の内容も気になって来るんだよな。
兄によると、このYou and Meは弟と自分のことではないらしいが、
兄と弟のこと以外とは思えない。

お前と俺の死
望む奴らからの逃亡人生
逃亡すなわち自由
覆いし嵐雲 我の魂食み尽くす

・・・なんてことを叙情的に歌っているのだが。

まあまだ聴いていない人はご一聴下さい。
ホーンセクションが良いです。あとPVも世界観が出ていて良いです。

2011年8月28日

体力自慢

(夏フェス回想録続き)

お山のフジにないもの。
それはサマソニのビーチだ。
(マリンですらその海抜は10メートルである)

単純に観たいアクトが無いという感じで、今までビーチステージになど
寄りつきもしなかったが、今年はリトル・バーリーを観に仕方なく
行ってみたのだ。しかしメッセ、マリンどちらからの動線も悪い。
動線については、なにもビーチに限ったことではない。
いったいなぜこんな不便なルートにしたのだろう。
車道をスケボーで横断するようなDQNが居るからだろうか。
そういえば、いつのまにかマリンのスタンドからアリーナへ
直接入れなくなっていたなあ。
DQNどもがどんどん不便にしてくれるな・・・

DQNは兎も角、ビーチステージはその吹きさらしの効果も
相まって、独特の開放感があった。ソニック向きかと思いきや、
ちっこいバーリーと仲間は不思議と砂嵐にうまく音を乗せていた。

お客さんは怪しい外人男カップルが多かった。
(私の目がそのような輩を追ってしまうだけかも知らんが)
スティーブ・ハウの息子が居るせいか、YESのティーシャッツを着た
男性も観ましたよ。

全身砂まみれでゴワゴワになるが、その雰囲気はサマソニ中一度は
味わってみる価値があります。
砂がどうの、歩きづらいだのなんだの云わずに是非次回は行って
観て下さいね、◎ッチー。

フジにもサマソニにも云えるのは、重要なのはいかに素早く迅速に
移動出来るかという事に尽きる。トイレも然り。
今までダラダラと過ごして観たいものを数々逃して来たことを
非常に後悔している。ダラダラ過ごして食べ歩くのもいいが、
キビキビ動いて多くのステージを観る方がそりゃあもう幸せなのだ。
そんな事を今になって知ったよ。

2011年8月29日

ポケモンフラッグ

ルパン30周年記念大野雄二コンサートを日テレプラスで
放送している。最初から観れば良かった・・・・

今年のグラスト総集編がF◎JIテレビNEXTで放送されたので
録画を観た。もりおバンドにボズが居ないな?と思ったら・・・

もう少し痩せないと死ぬよ?
もりおもボズになんとか云ってあげないのかな?

本編は来月17日5時間放送だ。

もりお分は既につべに全編あがっているが。
もりおは年々歌がうまくなっているなあ。
なんだか、そろそろジョニーが飛び入りしても許される雰囲気。
もうこの期に及んでぎゃあぎゃあ騒ぐ野暮なファンは居ないんぢゃないか?
充分な時は経ったよ。

About 2011年8月

2011年8月にブログ「STRANGER THAN FICTION FOREVER」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。