*ラウドパーク2017自分用所見*
去年ろくに感想述べてなくてなんだよ・・・と思ったので今年は書く。

(10/14)
LAガンズ:89年の初来日観ました。あの綺麗だったフィリップ・ルイスが
どんな小汚いじじいになったのだろうと危惧していたら、大概保っていて
衝撃を受けた。まだ充分イケる。化け物ですか。往年のヒット曲である
"セックスアクション"を演らなかったのでがっかりした。
トレイシー・ガンズがヒゲもじゃになっていて誰?状態だった。
彼は歳経て恰好良くなったなあ。

アンセム:寝てた。

ブルへリア:ネイパーム・デスのシェイン・エンバリーなどの覆面バンド。
メヒコのギャングとかいう設定。たいそう気に入った。面白い。マカレナの替え歌最高。

ウィンガー:当時にやけたキップ・ウィンガーが大嫌いだったけど、懐メロ枠で聞くと
懐かしさと甘酸っぱさがこみ上げる。セブンティーン最高。

オーペス:技巧派プログレ。シンガーがうっとりするくらいの美声バリトンボイス。
スヤァと寝てしまった。

オーバーキル:90年の初来日時に購入したテーシャッツは長年着倒してスッケスケに
なり最近大往生したところ。新しいの買おうとしたら売り切れ!!!!
ブリッツの高音は全盛期を思わせるもので"おお・・・"と思わず声出た。
名曲ばかり・・・しかしアリーナのお客さんは"イン・ユニオン・ウィ・スタンド"
全然歌えてなくてがっかり。"ファ◎ク・ユー"も最高。あの恥ずかしいジャケのアルバムを
購入するのをためらわれた思い出がよぎる。DDヴァーニも健在。良かった。

アリス・クーパー:ライブ初見。往年のシアトリカルなステージで楽しかった。
名曲"スクールズ・アウト"や"18"もやったよ。私のリアルタイムがデズモンド・チャイルド
と組んだポップなアルバムなので"ポイズン"はやっぱり良かった。また観たい。
長生きしてくれ。

エンペラー:寝てた。

スレイヤー:初日トリ。90年の初来日観ている。たぶん、スラッシュ四天王ではいっとう
初来日が遅かったはず。今回ジェフが居ない。毒蜘蛛に刺されて亡くなったと聞いた時は
本当に驚いた。代わりはエクソダスのゲイリー・ホルト。あとドラムもデイブ・ロンバード
じゃなくてポール・ボスタフ。ケリーはもうウニみたいなやつを腕に付けていない。
プレイその他安定しすぎ。こういったバンドに"円熟の極み"という賛辞を送るとは・・・
荒屋の笑顔で癒される。怒濤のラスト三曲、"レインインブラッド"、"ケミカルウォーフェア"、
そして"エンジェルオブデス"は圧巻。涙出た。当時伊藤ちゃんのメタルディスコで最後に
かかるのがスレイヤーで、毎週終わった途端終電間際の新宿駅に猛ダッシュして帰ったのを
思い出す。テーシャッツ買おうと思ったら全部売り切れ。

(10月15日)
デヴィン・タウンセンド:映画"セッション"のフレッチャー先生にみたいになってた。

ブラック・スター・ライダース:ぢ・オールマイティーのリッキーのバンド。なんとなんと
スコット・ゴーハム先生が居るではないか!シン・リジーリスペクトバンドとのこと。
恰好良かった・・・

クレイドル・オブ・フィルス:初見だったが、コスプレバンド系だった。途中でご飯食べに
行って殆ど見ていない。

メシュガー:食事してて観ていない。

サバトン:サバトン・・・これを書きたかった。今年の"居そうで居なかった"系バンド。
"ウォーメタル"とか"ミリタリー・メタル"とか云われているので、マノウォーとかアクセプト
っぽいのかなと思っていたらどちらとも全然違った。サバトンはサバトン系だった。
歌詞は世界の軍記をモチーフにしていて、西南戦争を歌い上げた"城山(SHIROYAMA)"
という曲もある。その城山で日本人の山岡さんという人が出てきてギター弾いたが
なんか笑えた。(後で聞いた話だとゲームミュージッククリエイターらしい)
ステージにはガトリング砲をこちらに向けた戦車を模したドラムセットが所狭しと組んであり、
異様な様である。(地元スウェーデンではサバトン・オープン・エアを開催している人気者)
そんな戦いの記録を歌い上げたステージなのに殺伐とした感じは一切なく、心温かになり、
何故だろう、暖かい涙が頬を伝い、感動で胸が熱くなるのだ。珍妙にして希有なバンド。

ジーン・シモンズバンド:綺麗なお姉さんたちではなく、日本のただ古びたおじいとあばあが
どやどやとステージにあがり、一緒に歌ったり(カラオケ大会)写真を撮ったりしていて
気持ち悪くて吐きそうだった。後で"2000ドルでステージにあげる権利"を販売していたと
知り心底寒くなった。ミーグリなら裏でやれよ。キッスもジーンシモンズももともと
嫌いなのでもう観ることはない。

マイケル・シェンカー:二日目のトリ。先にも書いた通り、歴代3人のシンガーが順番に三曲
くらいずつ歌う方式。やっさんは"ダンサー"歌ってくれて狂喜した。ダンサー大好き。
デザートソング、アソートアタックも良かった。スーツ恰好良い。
昔、リッチー(ブラックモア)にスーツ捨てられた話思い出したw
マッコリーはセイブユアセルフ歌ってくれた。良い曲なんだよな。
最後はUFOの"ロック・ボトム"、"ドクター・ドクター"をみんなで歌い大団円。
でもやっぱりマイケルのソロはキュンキュン来る、蕩けそう。いつまでも聴いていたい。
こんなめろめろSWEETなギタープレイヤーって他に居るまいよ。
リップスティックトレイシス聴きたかった・・・・・・・・・

(残念だったこと)
シークレットだったブラックアース観たかった。アモット兄弟もうずいぶん観てない。
あとテーシャッツは売り切れやめて欲しい。今年サブステージなくてバンド少ないとは云え
パンフ薄い本過ぎ。

(呼んで欲しいバンド)
VOIVOD。AIC、DEFTONES、HELMET、PARADISE LOST、CORONER、WATCHTOWERとか。
POSSESSEDとPRIMUS両方でラリー・ラロンデ観たい。

(思うこと)
自分自身が困難な時期にあるので当分頑張れそうな気力をもらった。
彼らの現役感はもしかしたら、私も現役でいいのかしらと思わせられる。
勿論歳経たなりの、余計な力が抜けた、ある意味枯れた現役感だが。

去年に続き今年もラウドパークに行ってきた。
テーシャッツは一日目カシドラル、二日目ヴォイヴォド。

LP2017.jpg

ラウドパークはやっぱり凄い。

約30年前に初来日で観たバンドが今でも現役なので衝撃を受ける。
更に凄いのが、30年前に好きだった時分で既にベテランだった人たちが
いまだ全くの現役で、全盛期の如き演奏を魅せるので、心の底から感動する。
(また、おのれも中年になって感じ方や考えが変わっていたりして、相互に
新しく、そして変わらぬ部分に安心したりもするのだ)

前者はオーバーキルやスレイヤー、後者はマイケルシェンカーですよ。

マイケルは歴代シンガーを伴っての登場。ゲイリー・バーデン、
やっさん(グラハム・ボネット)、マッコリーの三人。新しくなればなるほど
現役感が増して行った。やっさんはシャンタン生地?っぽいキラキラした
白のスーツ。ゲイリー・バーデンは充分に声が出ていなかったのは残念だが、
考えてみればこれが普通ではないのか。そもそもみんな70歳近いんじゃないか?
やっさんとかマッコリーの方がおかしいんだよなあ。

マイケルは始終ご機嫌。ギターは本当に素晴らしい。
去年スコピーで観たルディ(兄:ふさふさで恰好良い)が68歳とかだったから、
マイケルも還暦は超えているわけで、それであの演奏はやはり驚異だろう。
私のマイケルのイメージは常にメンタルが繊細で危うい人、という感じで
リアルタイムでライブを観たのはマッコリーがシンガーの時。
いつ居なくなってしまうか不安だった。

彼の失踪癖は有名で、UFO時代、オファーがあって加入したものの、当時
ドイツ語しか喋れなく英語がからっきしだったためにフィル・モグなどから
もの凄い虐めを受けていたのだ。(但し、失踪したり連れ戻されたりするごとに名曲を
誕生させるので一方ではフィル・モグGJ!と云わざるを得ない事実)
余談だが私自身が酷い英語コンプなのは、こんな話を高校生のときから聞いていたことと
決して無関係ではない。特にイギリス人は英語が喋れないものに対して恐ろしく冷酷だと
心に叩き込まれたのだ。まあそんな話はどうでもいいとして、そういった諸々の
呪縛から解き放たれたマイケル、実は今が一番しあわせなのじゃあないか、
そう思わせられる安定っぷり。もうぷいと何処かへ消えてしまうマイケルは居ないのである。

それにしても去年は兄、今年は弟のコースト・トゥ・コーストが聴けた幸福よ。

(つづく)

ぱふぱふマスターの称号を獲得!
さらに女湯に出入りし"キャーーッ出て行って!!"などと罵られながら
"飽くなき探求者"の称号も得た。

こうなると、もう裏ボス倒して真エンディング観るしかない。

勇者レベル86で突入、お気に入りオール野郎どもメンバーで難なく勝てた。
邪心の子は脳筋が斧無双で倒し、両腕は勇者の相棒がぶんしんデュアルブレイカーで
悉く潰したので終末の炎が来なかった。勇者は覇王斬で全体攻撃しつつ、
本体はつるぎの舞をお見舞いし続けた。スターの姐さんはひたすらバイキルトと
ハッスルダンスとツッコミ。雑魚戦では脳筋以外みんな二刀だったが、
オオトリでは相棒以外は盾を持たせた。勿論鍛冶で+3にしてある。

覇王斬とつるぎのまいが燃費良すぎてアルテマソード全然使わなかった。

うーん・・・やっぱりレベル70くらいで行かないとギリギリ感を味わえ無いのかも知れない。
今度は普段着で戦ってみようかな?女子チームで、メダ女制服とかギャルの服、
踊り子の服、あぶない水着とかで。たぶん勝てそう。いやどうだろう。

メンバーは誰にしても勝てそうな実に頼もしい仲間たちであった。

真エンディングで、11勇者は初代ロトということが判明した。
ドラクエ3に続くのだが、既に11の話は3に於いても神話の世界になっているっぽい。
だから3の音楽使い回していたのね、と納得。

シリーズのナンバリングを全てプレイした人間なら、あのエンディングは泣けるものが
あるね。オンラインの10は未プレイだけど。
ドラクエらしいビタースウィートな終わり方だった。

(つづく)


連武討魔行最終試練も24手クリア。レベル75のまま。
全員ゾーン状態で臨んだ。おそらく姉妹だけゾーンにしておけば
いける。クロスマダンテのモーション可愛い。

無明の魔神に48手ほぼギリギリクリア。誰も死なせず。
レベル78。最強武器レシピ(英雄戦記・下巻)入手したら
既に幼なじみと結婚していることになっていて笑った。

レシピ入手したのは良いが、鍛冶は失敗ばかり。
+3にするにはまだレベル(集中力)が足りないのか・・・
しかし素材集めでまたレベルが上がってしまい今勇者が81。

メダ女にある"追憶の根"でこの長い旅の思い出ばかり観ている。
あれが現実に存在したら色々な意味で病む人が多いだろうな。

ネルセンの勇者の試練で天空魔城をうろうろしていたら結構レベルが
上がってしまった(メタルキング3匹倒したくらい)。勇者75。
メンバー間に凄く差があって、上は魔女っこが既に78、下はヒーラー73。
祖父も73。しかし、ベロニカはなんでそんなに上がるの早いのか。
勇者はよくボス戦で死んでるから経験値入らないのでレベルあまり上がらないのは
解る。とはいえ、試練もあとボス1匹を残すのみとなった。
(裏ラスボスよりも強いとか)

連武討魔行も最終試練にチャレンジしたら32手だった。
がっくり。(30手以内でないとひかりの大剣もらえない)
脳筋が全体攻撃持ってないのがきつい・・・あすこで手数増えるからなあ。

クエストは60個全部クリアした。
"きぼうの花が咲く日まで"の病気の女児が気になる・・・
黄泉の花を倒して種を入手して渡したが、
様子を見に行ったらまだ具合が悪そうだし、花が咲く前に
死んでた、なんてドラクエじゃあよくある話だ。

それにしてもあとやることは、レベル上げて試練の最後のボス(50手以内に)
倒すのと、連武討魔行最終試練30手以内、そしてラスボスに挑むのみ、となった。
(トロコンや称号、図鑑埋めなどはしない)寂しくて仕様がない。
終わったらドラクエ11ロスで廃人になりそう。

まだやることがあったわ。相棒の衣装を鍛冶で+3にしなくては。
海賊王のコートは本当に難しい。あと騎士のエトワールスーツ。
女子や祖父の衣装は割と簡単に+3になるのになあ。


レベル69。

ネルセンの試練は賢者の試練が終わったところ。
練武討魔行は第四の試練をクリアしたところ。

問題はウマレースですよ。
ああいうの本当に苦手だ。しかし4つのレースで優勝しないと
新しく勇者のつるぎをこしらえるためのガイアのハンマーが
もらえないしなあ。馬ドリフトを極めないとだめだ。手首が痛い・・・
勇者のつるぎイラネ。

と、フテ腐れていたら潤(弟)が全て数分でクリアしてくれた。
早速勇者のつるぎ・改+3をこしらえた。
意気揚々と二刀流でアメジストワームに突っ込んだら弱すぎ。
すぐに両手剣ケイオスブレードに持ち替え直してしまった。
今回、勇者の片手剣が弱いんだよな。
アメジストワームは結局またしても分身→会心必中の相棒(盗賊)がひとりで
倒したようなもの。相棒無しでは生きられない勇者よ。

私のむさ苦しいメインメンバー
脳筋(におうだちするしかない)
勇者(すぐ死ぬ・すぐ寝る・すぐ踊る)
盗賊(勇者の相棒)
騎士(バイキルト&ハッスルダンス)

メダル女学園の夕食が美味しそうで充分飯テロになる。
崩壊前と崩壊後で豪華さが違う。崩壊後は謎肉ベーコンが登場。
(さばくクジラかな)

ps4con.jpg

ジョニー・マー・スーパーギタリスト列伝日本語版が届いた。
20ページ読んだくらいで眠くなってしまった。(既知のことばかりなので)
いつごろ面白くなるのかなあ。

とうとうドラクエ11のみの話題に・・・

ついに表ボス倒して(レベル57)、失われたときを求めました。
求めたくなかったのに。

求める必要があったか?いや、ない。
失ったものは蘇らないのだ。それでいいじゃあないか?

勇者様はおのれの不甲斐なさによって世界が壊滅状態に陥ったことで、
現世を生きることに耐えられなくなったのでは?

(*なんかゲーム世界に没頭して真剣に語る人間て、端から見たら異常者に
見えるんだろうなーーー*)

鍛冶はレベルが上がってだいぶんうまくなった。
あと、ルーレットでジャックポットやっと出した・・・
まだ出してない貴兄、ぱふぱふのあとにジャックポットバニーに調子を聞くといい。
それで、ビビビッときちゃったらゴー。

(*繰り返し)

盗賊(はやぶさ+りゅうせい)が分身と会心必中で最高火力出すので
ひとりでボス倒す感じだ。脳筋(ギガント斧)とかもっと頑張れ。
勇者様はだいたい、死ぬ。

クエストこなしながらなのでやっぱり余り進まない。
ゴミしかもらえないけど、依頼者ひとりひとりに、切なかったり、ほろ苦い
ストーリーがあって、好きなのだ。

明日は絶対にイシの村復興を完了させる。レベル61。

今年のUSオープンはボトムがスカスカで、興行的にどうなんだろうと思う。
夕べはロジャーがユーズニーに負けかけるし。シンシ優勝のディミも負け、
サーシャはGSでは全く結果が出ないな。でも若手が頑張っているわ。

ドラクエ11ですが、鍛冶がへたくそでどうにもならない。
うちなおしの宝珠何個あっても足りない。
"だいせいこう"なんて稀。グラディウス固すぎ。火力上げても集中力が途中で
切れるわ。

そんな私の勇者も勇者のつるぎをこしらえて、とうとう天空魔城前まで着た。
ただ、レベルは48とかなのでまだ修行が要るように思う。
(適正レベル表クリア時:55-60、裏クリア時は70代中盤とか)

しかしさすがドラクエ、今作もクエストやイベントがほろ苦い。
なかには"ほろにが"レベルではない事態も・・・

人生もゲームの妄想世界も厳しいですな。

とりあえず、はぐれメタル探し、スーパールーレットか
スペクタクルショーでレベル上げ作業かな。
(マルチナがなかなかゾーンに入ってくれんが)

あと鍛冶だよ!鍛冶!またメダ女でうちなおしの宝珠買ってくる。

ドラクエXIであるが、思ったほど捗々しくない。
ストーリーは良く練られており、パーティの仲間も全員キャラが立っていて
それぞれに感情移入出来る。連携技も多彩で飽きさせない、しかしなにより、
日本中のおっさんおばさんがこれぞドラクエ、という王道っぷりにきっと
歓喜しているに違いない。

PS4でプレイしているが(終わったら3DS版もやるつもり)、
中年になったせいか2-3時間で物凄い疲労してしまう。最初は
大画面での3D酔いが辛くて1時間しか持たなく、今は休みながらでも
4時間が限界である。昔は12時間とかぶっ続けでやれたのに...

という感じでゆっくりじっくりやっているので未だレベル22とかだ。
グロッタの仮面武道会で、魔物に魂を売り生贄にした闘士らのエキスで
ドーピングしていたハンフリーとともに優勝し、蜘蛛(アラクラトロ)を
退治し、ハンフリーを改心させ(相当数の殺人をおかしている時点で
奴は許されんような気もするが)、お爺ちゃんと姫を追ってユグノア城址
に来たところ。スタメンはねえさん、盗っ人、主人公、魔女っ子。
火力は他メンバー頼み、盗っ人はひたすら盗むのである。

#ゲームオブスローンズ#
シーズン7も来週で最終回...寂しい。最終シーズン8は2019年とか。
今シーズンのティリオンの無能っぷりに泣けて来る。まあジョンもだが。
それにひきかえナイツキングの有能なこと!ヴィセーリオン取られたら
やばいですよねー

ロジャーもにしこりもシンシお休み。ラファがNO.1返り咲きで笑える。

今日は友と多摩御陵&高尾山に行ってきた。
一日中土砂降りだった。にも関わらず、ケーブルカーではなくリフトで
往復した。常時大賑わいの高尾山も、今日は駐車場ガラガラ、人影もまばら
であった。

多摩御陵と高尾山はもと八王子市民には二大胸キュンスポットである。
といっても、子供の頃は遠足など何かというとここらばかりで
うんざりもしていた。多摩御陵は子供には渋すぎた。

ああ、死ぬほど行った陵南公園・陵南プールも健在だ。

しかし、大人になってここらへんに来るともう激しくキュンキュンしてしまう。
サマーランドや陣馬山も然りである。12歳まで過ごした八王子時代(長房町)は
オールタイム私の原風景だ。

もうひとつ、子供の頃の記憶で強く残っているのが河童のバッヂである。
都民の日(10月1日)に河童のバッヂを付けていると公共施設が全て無料で
利用できたのである。だが、そのことを人に話してもなぜか知っている
(覚えている)人が居ない。
おかしい。河童のバッヂは確実に存在したのだ。

**マー列伝翻訳本**
ついに9月8日発売となっていた。
"ぼくと部屋とYシャツと愛しさとせつなさと酒と涙と男と女"みたいな
サブタイトルが付いていた。実際は"SET THE BOY FREE"だったはずでは
ないか?何故あのようにセンスレスな邦サブタイトルを付けたのか?


MAKIO選出ジョニー・マー客演TOP10

  • Still Feel The Rain / Stex
  • Kiss Me I'm Cold / Andrew Berry
  • Waterloo Station / Jane Birkin
  • Decadance / Pet Shop Boys
  • Fools Mate / Bert Jansch
  • Cool Water / Talking Heads
  • Into The Night / Lisa Germano
  • Windows Of The World / The Pretenders
  • August Avenue / Impossible Dreamers
  • Someday My Prince Will Come / Sinead O'conner

イントロデューシングMAKIO

  • 出生地と居住地:東京都/日本
  • 人となり:動かざる事山の如し
  • 芸術的影響:吉田戦車と鳥山石燕とハリー・クラーク
  • 生涯音楽:ジョニー・マーとそれに関わる全ての音楽&他色々
  • 愛するもの:じゃがいも、日本語、カタカナ、東京MX、ちばあきお