ブシドー・ディグニファイド

| コメント(0) | トラックバック(0)

*ラウドパーク2017自分用所見*
去年ろくに感想述べてなくてなんだよ・・・と思ったので今年は書く。

(10/14)
LAガンズ:89年の初来日観ました。あの綺麗だったフィリップ・ルイスが
どんな小汚いじじいになったのだろうと危惧していたら、大概保っていて
衝撃を受けた。まだ充分イケる。化け物ですか。往年のヒット曲である
"セックスアクション"を演らなかったのでがっかりした。
トレイシー・ガンズがヒゲもじゃになっていて誰?状態だった。
彼は歳経て恰好良くなったなあ。

アンセム:寝てた。

ブルへリア:ネイパーム・デスのシェイン・エンバリーなどの覆面バンド。
メヒコのギャングとかいう設定。たいそう気に入った。面白い。マカレナの替え歌最高。

ウィンガー:当時にやけたキップ・ウィンガーが大嫌いだったけど、懐メロ枠で聞くと
懐かしさと甘酸っぱさがこみ上げる。セブンティーン最高。

オーペス:技巧派プログレ。シンガーがうっとりするくらいの美声バリトンボイス。
スヤァと寝てしまった。

オーバーキル:90年の初来日時に購入したテーシャッツは長年着倒してスッケスケに
なり最近大往生したところ。新しいの買おうとしたら売り切れ!!!!
ブリッツの高音は全盛期を思わせるもので"おお・・・"と思わず声出た。
名曲ばかり・・・しかしアリーナのお客さんは"イン・ユニオン・ウィ・スタンド"
全然歌えてなくてがっかり。"ファ◎ク・ユー"も最高。あの恥ずかしいジャケのアルバムを
購入するのをためらわれた思い出がよぎる。DDヴァーニも健在。良かった。

アリス・クーパー:ライブ初見。往年のシアトリカルなステージで楽しかった。
名曲"スクールズ・アウト"や"18"もやったよ。私のリアルタイムがデズモンド・チャイルド
と組んだポップなアルバムなので"ポイズン"はやっぱり良かった。また観たい。
長生きしてくれ。

エンペラー:寝てた。

スレイヤー:初日トリ。90年の初来日観ている。たぶん、スラッシュ四天王ではいっとう
初来日が遅かったはず。今回ジェフが居ない。毒蜘蛛に刺されて亡くなったと聞いた時は
本当に驚いた。代わりはエクソダスのゲイリー・ホルト。あとドラムもデイブ・ロンバード
じゃなくてポール・ボスタフ。ケリーはもうウニみたいなやつを腕に付けていない。
プレイその他安定しすぎ。こういったバンドに"円熟の極み"という賛辞を送るとは・・・
荒屋の笑顔で癒される。怒濤のラスト三曲、"レインインブラッド"、"ケミカルウォーフェア"、
そして"エンジェルオブデス"は圧巻。涙出た。当時伊藤ちゃんのメタルディスコで最後に
かかるのがスレイヤーで、毎週終わった途端終電間際の新宿駅に猛ダッシュして帰ったのを
思い出す。テーシャッツ買おうと思ったら全部売り切れ。

(10月15日)
デヴィン・タウンセンド:映画"セッション"のフレッチャー先生にみたいになってた。

ブラック・スター・ライダース:ぢ・オールマイティーのリッキーのバンド。なんとなんと
スコット・ゴーハム先生が居るではないか!シン・リジーリスペクトバンドとのこと。
恰好良かった・・・

クレイドル・オブ・フィルス:初見だったが、コスプレバンド系だった。途中でご飯食べに
行って殆ど見ていない。

メシュガー:食事してて観ていない。

サバトン:サバトン・・・これを書きたかった。今年の"居そうで居なかった"系バンド。
"ウォーメタル"とか"ミリタリー・メタル"とか云われているので、マノウォーとかアクセプト
っぽいのかなと思っていたらどちらとも全然違った。サバトンはサバトン系だった。
歌詞は世界の軍記をモチーフにしていて、西南戦争を歌い上げた"城山(SHIROYAMA)"
という曲もある。その城山で日本人の山岡さんという人が出てきてギター弾いたが
なんか笑えた。(後で聞いた話だとゲームミュージッククリエイターらしい)
ステージにはガトリング砲をこちらに向けた戦車を模したドラムセットが所狭しと組んであり、
異様な様である。(地元スウェーデンではサバトン・オープン・エアを開催している人気者)
そんな戦いの記録を歌い上げたステージなのに殺伐とした感じは一切なく、心温かになり、
何故だろう、暖かい涙が頬を伝い、感動で胸が熱くなるのだ。珍妙にして希有なバンド。

ジーン・シモンズバンド:綺麗なお姉さんたちではなく、日本のただ古びたおじいとあばあが
どやどやとステージにあがり、一緒に歌ったり(カラオケ大会)写真を撮ったりしていて
気持ち悪くて吐きそうだった。後で"2000ドルでステージにあげる権利"を販売していたと
知り心底寒くなった。ミーグリなら裏でやれよ。キッスもジーンシモンズももともと
嫌いなのでもう観ることはない。

マイケル・シェンカー:二日目のトリ。先にも書いた通り、歴代3人のシンガーが順番に三曲
くらいずつ歌う方式。やっさんは"ダンサー"歌ってくれて狂喜した。ダンサー大好き。
デザートソング、アソートアタックも良かった。スーツ恰好良い。
昔、リッチー(ブラックモア)にスーツ捨てられた話思い出したw
マッコリーはセイブユアセルフ歌ってくれた。良い曲なんだよな。
最後はUFOの"ロック・ボトム"、"ドクター・ドクター"をみんなで歌い大団円。
でもやっぱりマイケルのソロはキュンキュン来る、蕩けそう。いつまでも聴いていたい。
こんなめろめろSWEETなギタープレイヤーって他に居るまいよ。
リップスティックトレイシス聴きたかった・・・・・・・・・

(残念だったこと)
シークレットだったブラックアース観たかった。アモット兄弟もうずいぶん観てない。
あとテーシャッツは売り切れやめて欲しい。今年サブステージなくてバンド少ないとは云え
パンフ薄い本過ぎ。

(呼んで欲しいバンド)
VOIVOD。AIC、DEFTONES、HELMET、PARADISE LOST、CORONER、WATCHTOWERとか。
POSSESSEDとPRIMUS両方でラリー・ラロンデ観たい。

(思うこと)
自分自身が困難な時期にあるので当分頑張れそうな気力をもらった。
彼らの現役感はもしかしたら、私も現役でいいのかしらと思わせられる。
勿論歳経たなりの、余計な力が抜けた、ある意味枯れた現役感だが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.makio-marr.org/memoirs2/mt/mt-tb.cgi/131

コメントする

MAKIO選出ジョニー・マー客演TOP10

  • Still Feel The Rain / Stex
  • Kiss Me I'm Cold / Andrew Berry
  • Waterloo Station / Jane Birkin
  • Decadance / Pet Shop Boys
  • Fools Mate / Bert Jansch
  • Cool Water / Talking Heads
  • Into The Night / Lisa Germano
  • Windows Of The World / The Pretenders
  • August Avenue / Impossible Dreamers
  • Someday My Prince Will Come / Sinead O'conner

イントロデューシングMAKIO

  • 出生地と居住地:東京都/日本
  • 人となり:動かざる事山の如し
  • 芸術的影響:吉田戦車と鳥山石燕とハリー・クラーク
  • 生涯音楽:ジョニー・マーとそれに関わる全ての音楽&他色々
  • 愛するもの:じゃがいも、日本語、カタカナ、東京MX、ちばあきお